FC2ブログ

ありがとう!G1 CLIMAX29 ~新日本プロレス~

新日本プロレスの年間最大シリーズ・G1 CLIMAX



毎年7月から8月にかけて開催されるこのシリーズは、

真夏の祭典


最強戦士決定戦

とも言われるシリーズ。


今夏もA、B、各ブロック10名総勢20名の選手が参戦して

令和元年7月6日にアメリカダラスで開幕戦を開催したのち、

7月13日から日本各地で18大会が開かれました。

ラストの8月10~12日の3日間は日本武道館3連戦。


3連戦初日8月10日Aブロック代表決定戦は、

飯伏幸太 VS オカダ・カズチカ

飯伏幸太選手が勝ち、Aブロック代表に。


2日目8月11日、Bブロック代表決定戦は、ジェイ・ホワイト VS 内藤哲也

ジェイ・ホワイト選手が勝って、Bブロック代表に。


最終日8月12日、優勝決定戦

Aブロック代表 飯伏幸太 VS Bブロック代表 ジェイ・ホワイト

31分を超える激闘の結果、

飯伏幸太選手が初優勝を勝ち取りました



飯伏選手、G1優勝おめでとうございます



初戦で左足を痛め、優勝どころかG1の完走さえも危ぶまれた状況から

Aブロックを勝ち上がっての優勝はお見事であり、

今年こそは!

自身の覚悟とファンの期待に応えるため

心身を限界まで追い込んで闘った飯伏さんの今年のG1は

誰もが納得の優勝だったと思います。

負けてしまったけれども、

どんな結果になろうともジェイくんはこの先、

新日本の中心であり、常にトップ戦線に立つ選手なんだ!!!!!

と思わせてくれた後半の攻防は、

ジェイくんがさらに強くなるべく培った進化の過程の一遍だったのだと思う。





飯伏さん優勝の歓喜に沸く武道館の客席の間を

両脇をヤングライオン(若手選手)に抱えられうなだれたまま退場したジェイくんがまた

不謹慎ながら



めーっちゃカッコよかった((♡▽♡))



ホントに!!!!!!!!!!



ときにプロレスは、


負けて尚かっこいい!!!

負けた試合を見てファンになった!!!


ってことがあるのです



私はプロレス3年生ですが、

振り返ればプロレスを見るようになったのは

そのときたまたまテレビで放送されていた試合に引き込まれ、

気がついたらいつの間にか応援していた選手が負けてしまったことが

きっかけだったから



えー!!!やだ!!!!!そんなの納得いかない

次は必ず勝って!!!!!



って、そこからはじまったのです





+++



今年のG1、日本武道館3連戦の前日に公開された動画。

ダラスから始まって武道館2日前の横浜文体までの試合が

約4分の動画にギュギュっと詰まってます。

流れている曲は今年のG1のテーマソング、LOW IQ 01 さんのshine

この動画が大好きで、公開されてから飽きもせずにずっと見てます





G1 CLIMAX 29 HIGHLIGHTS PV music by LOW IQ 01「Shine」

*音が出ます





入場を待つ選手の様子から試合映像、

メインで勝利した選手のマイクアピール映像、

ラストの武道館での銀テープキャノン砲だけは昨年の映像ですが

それ以外はすべて今年のG1での選手の姿です。

この動画の全シーンをおぼえているだけに何度見ても感無量

約4分の映像なので当然、断片的な編集だけど

1シーン、1シーンにその試合が凝縮されている。


6月の出場選手発表から始まってブロック分け、主要カード発表、

前日会見を経てシリーズ開幕。

1ヶ月以上続いたシリーズは真夏の暑さの中で移動、連戦、移動、連戦の繰り返し。

負傷を抱えながら試合に挑む選手もいた中で、

出場選手全員が最終戦をリング上で迎えることが出来た。



プロレスラーは勝者になっても敗者になっても尊い。



今年のG1も楽しかった~





 追記 

個人的に今年のG1で一番好きな試合は、

8.3大阪大会 Aブロック公式戦メインの オカダ・カズチカ VS SANASDA 



ベストバウトとは違うけど、

IWGPヘビー級王者のオカダ選手

今、新日本で間違いなく一番注目されているSANADA選手との試合。



この試合の何がどこが好きなのかを書きたかったのですが、

長くなりそうなので また機会があればそのときに




スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス G1