FC2ブログ

第94回全国高等学校野球選手権・千葉大会 3回戦③

平成24年7月16日(月) 天気

第94回全国高等学校野球選手権・千葉大会 3回戦 @市原臨海・第二試合 


千葉商大付  市立稲毛


*話しが飛び飛び、一貫性のないブログでサーセン(;´Д`)



2012-07-16-57.jpg



第一試合の習志野VS君津商後、スタンドのお客さんが入れ替わり

ガラーンとすると思われた1塁側スタンドでしたが、どうして、どうして!

たくさんのお客さんが残って下さり、商大付の応援をして下さいました。


思えばこの前年(ケンヤチーム)、さらにその前の年の平部くんたちのチームも

高校最後の試合が臨海の1塁側だったということが頭を過りながらも


フンっっ、今年は違うんじゃ!!!


そんな思いの中、試合が始まりました。

2回戦との変更は、4番(3)北田→福屋 と 7番(2)牧野→6番(2)吉野

福ちゃんは1回戦に出場済みでしたが、徹はこの試合がこの大会初マスク。


緊張してたかな?


心成しか序盤は少し硬さが見られました。



2012-07-16-58.jpg



商大付の先発は1回戦でも先発した林くん。


先頭打者を四球で出塁を許したあと、次打者を三振に斬って取り
これで落ち着けるかなと思ったあと



2012-07-16-59.jpg2012-07-16-60.jpg



タイムリー、エラー、ワイルドピッチで初回、相手に3点を献上することに。

ただ、1回戦2回戦とウチもコールド勝ちしてきていますので
まだ初回を終えたところ、これからこれから!と特に悲観した雰囲気は無く2回の攻撃へ。



2012-07-16-182.jpg



稲毛の松尾投手。

(松尾くんは国士舘大学野球部 に進んだのですね。)


松尾くんは7回まで四死球ゼロ。 (その後、2四1死球)

商大付は3、11、13回以外はランナーを出すものの決定打に乏しかったのはやはり、
松尾くんのコントロール、球威が素晴らしかった、ってことなのでしょう。
この試合、延長14回と長丁場の試合だったのですが多少の疲労がありながらも
松尾くんは最後まで崩れることなく完投しましたから。



3点を追う2回表、先頭の平川が左中間2ベースヒット、吉野が送って、



2012-07-16-61.jpg



7番宮下のタイムリーヒットで1点を返すと
1番山木にもタイムリーが出て1点差に。
なおも2アウト満塁のチャンスでしたが、このチャンスを活かせずに1点差のまま試合が進みます。



2012-07-16-62.jpg



4回ウラ、多分、投げたくて投げたくてウズウズしていたであろう
商大付・エースの迫田が満を持してマウンドへ。



2012-07-16-63.jpg



もう時効だと思うので書かせてもらいますが、
6月の市内大会決勝戦で


“肩痛いの、バレちゃった^^;”


サコちゃんが応援に来ていたケンヤにこそっと話したのを聞いてしまった。

それでもサコちゃんは中学のときに先のことを考えて軟式を選んだくらいのコだ。
自分の事をちゃんとわかっている選手なので夏までにはきちんと調整して
万全な状態で臨んでくると思ってはいたけれど、それでも少し気になったので
マリンでの開幕戦でリリーフを務めたあと、


“カズ、肩は?大丈夫?”


と訊いたところ、



“まだ完全ではないけどこれから徐々に上げて行きます^^!”


カズが初めて本音言ってくれたー(*´▽`) (そこ?!^^;)
これまでは何を訊いても、“大丈夫、大丈夫です^^” って答えだったけど
最後の最後に本当のこと話してくれた~! ウレシィ♪ヽ(*´∀`)ノ

と同時にやっぱり万全の状態ではないのかな、と思っていた中での登板でしたが
それでもこの試合で11回を投げ抜き、試合後、


“再試合になっても自分が投げるつもりだった”


パパとママにそう話したそうです。



思い返せば延長14回のこの試合、中盤からのエース同士の投げ合いはお互いが
お互いをエースと認め一歩も譲らないその投打に亘る攻防に今さらながら痺れさせてもらったな、
と今改めて、懐かしく思い出しています(*˘︶˘*)



・・・



7回ウラ、1年のときから守備(打も)に定評のあったサード・宮本に
2つ続けてファインプレーが出ると3つ目のアウトもショート宮下のナイスプレーでチェンジ。

どんなプレーだったか上手く説明出来ずに申し訳ありませんが、


さすがみやっちょ!聖治!


2人ともしれーっとしてるけどそれはそれはホレボレする守りでした❤‿❤


そんな好プレーのあとの攻撃。

先頭のみやっちょがショート後方にポトリと落ちるヒットで出塁。

送りバント、内野ゴロで2アウト3塁。
6番吉野の四球後、



2012-07-16-64.jpg2012-07-16-65.jpg



7番の宮下が死球。

2アウトながら満塁として、ここで商大付はセカンドランナーの代走で長くんを送ります。



2012-07-16-66.jpg



打席には打者としての評価も高い迫田が入り、レフトへのヒット。

3塁ランナーの宮本が還り、同点!

続いて代走の2塁ランナー・長がその俊足を目一杯活かした全力で
ホームに突っ込むも、



2012-07-16-67.jpg



これがアウトの判定。 (セーフに見えません?(;一_一))


長くんがこのプレーをめっちゃ悔しがりまして。
ホンマ、足には絶対の自信を持っている選手なので長くんの気持ちはよくわかります。
この場面で自分が代走に送られた理由も本人が一番よくわかっていたと思いますし、
そのワンプレーにかける気持ちと集中力たるや、本当に素晴らしい選手でした。

あの場面、長くんだったからこそのナイスランだったし、
私はあの走塁に何の後悔もないよ。



2012-07-16-68.jpg



同点に追いついたことで応援団も一段と結束力を深め、引き続き声援を送ります!


(ケンヤー!こんちゃん!おぎっちー!(≧∇≦))



2012-07-16-69.jpg



同点に追いついたあとの守り。


声出し番長の斗夢がグラウンドを見つめ、ボール回しのときにいつもの・・・



2012-07-16-70.jpg2012-07-16-71.jpg



ダーッシュ!!!


ライトポール際まで走って戻ってくる、

“トムダッシュ”

これでスタンドも気合いを入れ直します!





・・・



同点に追いつき、トムダッシュで気合いを入れ直した8回ウラ、

稲毛は1アウトから3番・松尾投手の3ベースヒットですぐに逆転のチャンスを作ると



2012-07-16-72.jpg



4番・稲川選手のタイムリーで勝ち越し。



2012-07-16-73.jpg



このときにボールを追いかけていたショート・宮下が足を負傷。

その前に聖治は死球も受けていたので守りにつくのも厳しかったようで

倒れたまま起き上がれず、



2012-07-16-74.jpg



浩介がベンチへと運んでくれました。



2012-07-16-75.jpg



宮下に代わり、急遽ショートには坪井が入りました。


聖治は最後まで、


“準備の出来ていなかった坪井を引きずり出した形になって悪いことをしてしまった”


と言っていたけれど、雄暉にとっても良い経験になったと思います。
場合によってはみやっちょがショートに入るとか、
守備の変更も考えられた場面で敢えて雄暉がショートに入ったのは信頼されていたからだと思うし。


タイムリーのバッターが3塁まで進み(H&E?)
依然としてピンチが続きましたが迫田が後続を三振、サードゴロに打ち取り
最終回の攻撃へ。


1点のビハインド。


でも、ここまで良い試合をしてきていたのでこの回で試合が終わるかも、

負けてしまうかも、多少の不安がありながらも希望も持てたのは

翔太郎たち、3年生の応援団のおかげかな。


1アウトから打順が1番に戻ると、

山木がショートのエラーで出塁後、2アウト1、3塁として迎えるバッターは
この試合ここまでノーヒットの4番・福屋。

福ちゃんとしては大きなプレッシャーがかかった打席だったと思いますが、



2012-07-16-76.jpg



レフトへタイムリーヒット!


福屋ーーー!!!だからお前が4番なんだ!!!


思い出すと今でもフツーに泣けるこの場面。

ほんとにねぇ、最後の最後にこのチームの底力をみせつけられましたよヽ(TдT)ノ


チャンスは続いていたのでもう1点ほしいところでしたが、この回は同点止まり。
そのウラ、迫田が相手の攻撃を3人で終わらせ試合は延長戦に。



2012-07-16-77.jpg



円陣を組む中で北ポンが涙。

聖治も泣いてたし、3年生にとってはそんな心境だったよね。

私もこのあとは写真もメモもロクに録れておらず(それはいつものこと)
祈る思いで戦況を見守るのが精一杯でした(→Д←)



2012-07-16-78.jpg



負傷してベンチに下がった聖治はその想いを雄暉に託します。



2012-07-16-79.jpg



スコアボードが切り替わり、延長11回に突入。

その後も両チームともチャンスを作りながら、得点には至らず

苦しい展開が続きます。


そんな中、稲毛の松尾投手は
第二試合の一番暑い時間帯の延長戦にもヘバった様子を一切見せず、
別段、球威が落ちた風でもなく敵ながらあっぱれなピッチングでした。



2012-07-16-80.jpg



終盤はピンチの度に伝令を送った商大付。

長くんだけではなく、聖治、斗夢、3年生が入れ替わりでマウンドへ。


そして延長14回ウラ。


稲毛のランナーを三塁本塁間に挟み、挟殺プレーでアウトを取りに行ったところ

ボールが思わぬ方に転がってしまい、それを見てサヨナラのランナーがホームイン。


2012-07-16-81.jpg



4-5×で稲毛が延長戦を制し、試合終了となりました。


最後、あんまり覚えてません。

一番覚えているのはサヨナラの瞬間、3塁側ベンチから稲毛の選手が
我さきにの勢いで飛び出して、みんなで大喜びしていた姿です。


呆然としてその場を動けない、

ガックリ肩を落とす、

そんな姿よりも飛び上がって喜ぶ姿の方に目が行くものなんですね、


例えそれが相手チームの姿だったとしても。




















・・・、終わっちゃった。



試合翌日のエントリー





+++



明日、4月16日は北海道日本ハムファイターズ の

西川遥輝 選手のお誕生日です 

遥輝くん、お誕生日おめでとう

遥輝くんにとってステキな1年となりますように


もう、“鎌ヶ谷では会えない選手” になってしまったけれど応援してるよ~

ケガせんと、今シーズンも頑張ってね!!!




スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 平成24年夏県大会

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する