FC2ブログ

応援するようになったきっかけ・その1 ~千葉商大付~

どーでもいいっちゃいい話なんですけど・・・


たまに聞かれるんです、「何で商大付(の野球部)なの?」って。

そう聞かれたらいつも、簡単に説明するのですが本当はもっともっと大きな思いがあります。
なので機会があったら応援する様になったきっかけを書いてみようかなと思っていたので
ちょっと書いてみます。

あ、“ちょっと” じゃ書けないから数回に分けて書きます。



+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:.



私の父親は大のジャイアンツファン

私が小さい頃はシーズン中は毎晩、ジャイアンツ戦のナイター中継があり
当然、父親はナイター中継を見る。
私は他の番組が見たい、けど見せてくれない。
よって野球中継がある日は自分が見たいテレビがみられない・・・

「野球なんて大嫌い!」

そう言い放って2階に上がり、1人で見たいテレビを見るけどそこはまだ子供。
1人で見るテレビってつまんない・・・。
結局、また家族の集まる部屋に行って

「野球のどこが面白いの?!」

と、隙をみては野球から他の番組に変えて、その度に文句タラタラ。

そんな私が初めて野球をちゃんと見たのは、
小学校6年生の夏休みに見た高校野球中継。
いつも見ている(見せられている?)プロ野球とは何か別のものに感じて
見ていたら、たまたまそれが青森の代表校の試合。
私の父親は青森の人なので、青森にはいとこも親戚もたくさんいる。

青森の学校か、ちょっと応援してみよっかな。

面白いもので、嫌々でも毎日野球見せられてると不思議とルールも覚えてる。

結局、応援していた青森の学校は負けてしまったけど、
その分、対戦相手のチームに次も頑張ってもらおうと思った。
(今だったら、応援していたチームが負けた対戦相手を応援するなんてコト考えないけど^^;小学生の頃は私も随分、素直だったのね・・・)
その対戦相手が次に試合したチームがPL学園。
当時は、どこの学校が強いとか人気があるなんて興味もなければ知りもしなかったので
そーいった知識なしに見てた中で、その試合で勝ったのがPL。

じゃあ今度は負けたチームの分もPLに頑張ってもらわなきゃ。

最終的に、その大会で優勝したのはPL学園。

応援するチームが勝つとすごく嬉しいんだという喜びを知った私は
それを教えてくれたPL学園のファンに。

で、高校野球を見る様になったのです。

ちなにみに、この時点ではプロ野球はまだキライでした。
中学に入ってからプロ野球も見る様になったのですが、そしたら父親がエラく喜んじゃって
中学のトキはよく、ジャイアンツ戦観に連れてってくれました。
ウチは私と妹の二人姉妹で、今は女の子のユニフォーム姿も珍しくはないけど
当時、野球は男の子のスポーツって認識だったから野球は出来ないけど
一緒に見に行けるようになったのが嬉しかったみたいです。

そんなキッカケで野球を見る様になり、
春と夏の高校野球中継を何よりも楽しみにしていた私の高校受験は
傍から見たら、フザけている!ものとして映っていた様です・・・って、
本人は至って真剣、本気だったのですが・・・。


高校野球に魅せられた私は、高校は絶対に野球部の強い学校に行って
甲子園で自分が通う学校の応援をする!ことを第一の目的として志望校を選択。
結果、迷いなく選んだ第一志望がPL学園。 (ここ、笑うトコじゃありませんので・・・)
中2のときだからまだ詰まったものではなかったし、
多分、親にも相談しないで提出したと思う。
そしたら担任に一笑にフされたと同時にエライ剣幕で怒られまして・・・

「自分の人生、何だと思ってんの?!もっと真剣に志望校選べや!!!」

・・・真剣に選んだんだけど・・・。

やっぱ、アレか・・・アレがあかんかったのか・・・中間の答案用紙に書いたアレ・・・



+++++



中学のトキ、私は清原和博という野球選手が大好きだった。

今でこそ私もこんな?!だけど中学のトキはそれなりにカワイイ性格だった、と思う。
で、ある時、試験の答案用紙の氏名欄に “清原” って書いてみた。
あとで自分の名前書くし・・・最後に書き直すし・・・って思いながらそのまま提出。
提出するときには “清原” って書いたことさえ忘れてた。
そして、答案返却の日。

クラス全員に答案が返ったけど、あれ?私だけ戻ってきてない・・・

「先せぃ・・・」って言いかけたら、

「何か、1枚ヘンな答案用紙が混ざってたんだけど・・・。ウチのクラスに清原なんて苗字のヤツ、いないよね?!」



いつも清原トークにつきあってくれてたサッカー部のケンケンの爆笑を引き金に、

やっちゃったねぇ・・・のクラス中の失笑は今も忘れられません・・・。



+++++



そんなお茶目?な事件があったので、清原の母校であり、
私が高校野球を見るきっかけとなった学校・PLに行きたいって言ったら怒られたんだ・・・
そう思ってたけど、とは言えさすがに親に大阪の学校に行きたいとは言えなかったので
ちょっと考えて、次に私が選んだ学校は・・・

帝京高校と拓大紅陵。

都内と千葉県内の学校、これなら先生に文句言われないっしょ!!!
それに、このどちらかの学校に通えば確実に甲子園に行けるし(*≧ε≦*)


「はぁ?!帝京と拓大紅陵って・・・
どっちも通うのに何時間かかると思ってんだよ!!!
そんなんで3年間通い続けられると思ってんの?!」


私が行きたいって言ってるんだからいいじゃん・・・


結局、私の高校受験はすべて担任の先生に仕切られ(ホント) 、
家から一番近い県立の、野球ではその名を聞いたこともない学校に通うコトとなったのです。

でもね、先生は私のことを考えて家から一番近い学校じゃないとダメだよ!
と言ってくれてたので、せめて拓大紅陵には行きたかったけど
(ドア to ドアで片道2時間以上はかかるけど・・・)
最終的には納得して行った学校です。

実際、私は高校が大好きだったしすごく楽しかった。


ちなみに、私が中学の頃は商大付も東海大浦安も男子校。

選択肢にさえ入らなかったワケです。


そんな経緯で近所の県立高校(チャリで15分)に進学した私でしたが、
商大付の野球部を応援するまでにはそこからさらに2年とゆー時間を要したのです。


つづく・・・




スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する