FC2ブログ

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART5~

7月15日(木) 天気 2回戦 ~天台・第2試合~


千葉商大付(Bシード)市立銚子



商大付野球部


コチラが千葉商大付野球部 平成22年度チームです

組み合わせ抽選会から1ヶ月、天台でグレーのみんなが見られるこの日を待ってたよ


シートノック



まずはシートノックから

と言いながら、やっぱ写真だと伝わらない・・・ってコトで動く商大付クンを







シートノックの始めは各ポジションで、終わりはホームベースの後ろで商大ダイブ ^ε^

始めの頃は相手チームからどよめきが起こったりしましたが
今は、これが商大付野球ってのを認識される様になったので県内では
あー、商大付さんねってな具合で見てもらえる様になりました。

っつか、早く甲子園で商大付ダイブが見たいんですけど



商大付VS市立銚子



スタメン

飯塚くんと林くんの打順が入れ替わって、けーごくんが4番に上がってる。
打順の入れ替わりはあったもののベストメンバーですね。


試合前に今年度の商大付野球部父母会長の渡辺さんが声を掛けて下さいました。

6月の市内大会以来、チームを見ていなかったので

「みんな、調子どうですか?」と聞いたところ

「上がってきてますよ!」って。

直前の桐蔭学園との練習試合のコトも教えて下さいました。
渡辺さんには昨年の秋以降、チームの状況を教えていただいたり本当にお世話になりました。
父母会長として選手達が純粋に野球に打ち込めるような環境を常に整え、
懸命にバックアップされていた姿はいつもスタンドに駆けつける商大付ファンも見ていました。
選手ひとり一人の現状をちゃんと把握されていて、渡辺さんをはじめ父母会の皆さんが
影ながら商大付野球部を支えていたからこその昨秋の県大会優勝だったと今さらながら思います。


息子さん達が卒業されてもまた来年、スタンドで今年の父母会の皆さんと
お会い出来る日を楽しみにしてます!



平部くん
さて、試合。

商大付のピッチャーはエースの平部くん。

体は細いけど、エースとしての貫録は十分にあります!
もともとは内野手だった平部くん。
昨秋、先生の思いつき?!でピッチャーに。
あっとゆー間にエースへと上り詰め秋の県大会初優勝の立役者にそんなすごいコなのにいい意味でまったく変わらない!マウンドではいつもニコニコとキャッチャーのサインに頷いてから投球フォームに入る。
甲子園のマウンドでもそんな平部くんが見たかったと思っているのは私だけじゃないはず。

大学でも頑張ってね神宮に見に行くからさっっ






いきなりピンチ3年生にとって最後の大会の初戦はピンチからのスタート

1回表、市立銚子の攻撃は先頭打者が四球を選んで出塁。
2番志野選手の送りバントの処理を誤り、ノーアウト1、3塁。
ノーヒットで先制のチャンスをつかんだ市立銚子、3番の佐久間選手のレフト前タイムリーヒットで1点先制。
その後も送りバント、四球で1アウト満塁と追加点のチャンスでしたが後が続かず、商大付は最少失点でピンチ切り抜けました。




1点を追いけかる商大付は3回ウラ、この回のトップバッター・2番大塚くんが
レフトへの2ベースヒットで出塁。3番林くんが送って、迎えるのは



太田くん

4番の太田くん。

けーごくんの強い打球がショートに転がるとこれがヒットになって3塁ランナーの大塚くんがホームに還り同点

取りあえずココでホッとする






5番の湯浅くんがセンターフライに倒れるもその後、商大付はヒットと四球で2アウト満塁。
このチャンスの場面で8番の平部くんがレフトにボールをキレイに運び、
この間に2人が還って逆転に成功。




渡辺くんと小澤くん



なおも2アウト1、2塁のチャンスに打席に入ったのは
商大付・驚異の?ラストバッター小澤くん。 (写真:右。左は声出し番長の渡辺くん)
小澤くんの左中間タイムリーヒットでさらに1点追加し、この回合計4点を挙げました。


4回表に1点返されるもそのウラ、


大塚くんこれまで2打数2安打と当たっている大塚くんが “さくらんぼ” (大塚くんだけにの応援が流れる中バッターボックスへ。
多分ベンチの指示は好きなだけ打ってこいだったと思う。 (ホント?)
その指示通り、好きな様に?打ったセンター前ヒットでこの日3度目の出塁。大塚くんが1塁にいて走らないってコトはねーだろ、ってんで盗塁を試みるもこれがアウトに。私としてはどんなタイミングだろーがどんなに強肩のキャッチャーが相手だろーがチームイチの俊足の大塚くんが盗塁を失敗するなんてありえない!と思っているのでアウトのジャッジに2塁塁審の方を目を細めてえっっ?の視線を送ってしまいました。




湯浅くん

なんで大塚くんがアウトなんだよー
と、納得いかない私でしたがその後、湯浅くんがレフト前に5点目のタイムリーを打ってくれたのでそれで機嫌を治すとゆー・・・。

ええ、単純なんでしょうねぇー。

湯浅くんはホントに打ってくれる感 “大” な選手でした







商大付野球部1



商大付は銚子の学校と相性が良くなくて過去、銚子商、市立銚子、銚子西に負けてきて
どの試合もほんとに悔しい思いしているので正直今日も、
あー、初戦で市立銚子って思ったんですがね、
そこは昨秋の優勝チーム (しつこいって言われても声を大にして何度でも言う
過去の←こーんな悔しい思いを清算してくれました



商大付野球部3



5-2で初戦突破。

平部くんも前半は調子がよくなかったけど、5回以降はヒットを許さず
三球三振ってのも2コありました。



商大付野球部2



この日も野球部全員で勝利を手にしました




スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付 夏県大会

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する