FC2ブログ

千葉国体 高校野球

38年振りに千葉で開催されている国体ですが、

天気に泣かされております


高校野球は最終日の今日・9月30日(木)も雨で、予定されていた2回戦・2試合が中止に・・・。

今日試合が行われたとして、ベスト4が出揃っていたら4校優勝とゆーコトになったらしいのですが

雨に阻まれベスト4が出揃わなかったので、規定により順位はつかないそうです。


午前中に銚子市体育館で高校野球の終了式が行われ、その後

我喜屋監督の提案で興南高校の皆さんは昨日の試合、スタンドに応援にきてくれた

近所の飯岡小学校に応援のお礼を言いに行ったとの事。

ちびっこ達、喜んだでしょうね。



取りあえず、千葉国体・高校野球の結果は以下の通りです。




9月26日(日) 1回戦


九州学院(熊本)VS新潟明訓(新潟) 0-1


土岐商(岐阜)VS聖光学院(福島) 0-4


関東一(東京)VS報徳学園(兵庫) 7-1



9月29日(水) 1回戦


仙台育英(宮城)VS興南(沖縄) 2-8



2回戦


東海大相模(神奈川)VS北大津(滋賀)5-1


成田(千葉)VS明徳義塾(高知)2-10



生憎の天気で、特に3年生にとっては高校生活最後の試合がなーんか

中途半端に終わってしまって千葉県民として申し訳ない気持ちです。


結局、試合を見に行くコトはできませんでしたが、

地元・千葉に今夏、甲子園に出場した高校の皆さんが来て下さったコトは本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!お疲れ様でした!




+++++++



9月29日(水)付の読売新聞朝刊に載っていた話。


袖ヶ浦球場で行われた軟式野球・松戸市役所(千葉)VS青樹会病院(滋賀)の試合の応援に

地元の袖ヶ浦高校野球部の引退した3年生を含む70名が応援に駆けつけたそうです。

両チームのスタンドに分かれ、選手一人ひとりに応援歌を準備し、応援したそうです


何か、いーですねー。


袖ヶ浦高校野球部の皆さんって、いつも県大会で袖ヶ浦球場の補助役員をされているのですが

いつ行っても、めっちゃ親切

一度、スタンド入口の階段で前の試合が終わるのをウロウロして待っていたら

「スタンド、いっぱいですよねー!もう少しで試合終わると思うんで、そしたら

帰られる方もいらっしゃるから座れると思います。すみません、もうすぐだと思うので

もう少し待ってて下さい

って声掛けてくれはったコがいました。


試合見に行って、補助役員が元気よく「こんにちはー^^」って挨拶してくれたりすると

すごく気持ちよく観戦出来るんですよねー。

入口や駐車場で観客の対応するだけじゃなくて

グランド整備とか、スタンドでファールボールの監視したり、試合後にスタンドの掃除したり

大会運営の成功の陰にはいつも補助役員がいます。

ユニフォーム着てグランドに出て行く選手が全力で試合に臨めるように支える補助役員。


国体が行われた銚子市営球場でも、

市内の高校の野球部クン達が補助役員を務めたのかな?




+++++++



秋季和歌山県二次予選の組み合わせが本日決まりました


和歌山県高野連


智辯和歌山の初戦の相手は笠田高校

7月の和歌山県大会・3回戦での熱戦を思い出します

試合自体は見ていないのですが、後日ネットで試合の進行状況を目にして

もう終わった試合なのに、結果、勝った試合なのにえ?えっっ?えーっっ?言いながら

泣きそうでしたからね。

今、思い返してもドキドキします。


新人戦で準優勝だった智辯和歌山ですが、二次予選では優勝して和歌山県の優勝校として

地元で開催される近畿大会に出場して下さい!


(新人戦準優勝も立派な成績です。でも、智辯和歌山は優勝して当たり前、優勝しなきゃ智辯和歌山じゃない、って思われてるし、実は私もそう思ってます。ゴメンナサイ・・・。そんなプレッシャーの中試合する選手の皆さんは本当に大変。でも、そのチカラがあるからみんなそう思ってしまうのです。二次予選上位3校が近畿大会に進めますが、智辯和歌山が目指しているのは優勝!だと思います。今度は勝てる。二度も悔しい思いをするチームではないから!) 




+++++++



矢野兄やん、長い間お疲れ様でした


下っち泣いてない?

矢野兄やんは高校、大学の憧れの大先輩やったもんね。

今日は甲子園に行ったんだろーか?



+++++++



故尾崎豊氏の息子・裕哉クンが来月、ラジオデビューするそうです。

CMでもお父さんの代表曲を歌うとのコトでその歌声を聞きましたが、似てます。

尾崎は私の高校んトキの教科書でしたからね。

大好きで大好きで、「十七歳の地図」、「壊れた扉から」、「回帰線」の3枚のアルバムを

毎日繰り返し、くりかえし聞いていたのも今となっては懐かしい思い出です。


尾崎と裕哉クンは親子と言えども全くの別人。

裕哉クンらしさを出してこれから活躍して行って欲しいです。


ちなみに、尾崎の歌は全部好きなので “一番好きな歌は?”

って訊かれてもホントに答えに悩むトコロですが、しいて選ぶとすれば “十七歳の地図” かな。





スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 国体 千葉県高校野球話 独り言 和智辯

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する