FC2ブログ

平成27年度秋季高校野球地区大会☆ PART2

前回エントリーのつづきです。





その前に





木総が関東大会決勝に進出

素直に嬉しい!

明日の常総学院との決勝戦も頑張って下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧





+++



九州大会も個人的ダメージの大きい大会となってしまった・・・。

佐賀1位の佐賀商の初戦の相手は鹿児島3位の樟南
樟南は初戦で小倉(福岡2位)に8-2で勝利したのちシードの佐賀商との対戦で
すでに1勝している+地元鹿児島での九州大会とゆうことで余裕を持ってこの日を迎えたことかと。
試合の方は波乱の幕開け。
佐賀商は初回に6点を奪われ4回にも4点を取られあわやコールドの危機。
twitterのTL追いながらイヤイヤ、そんなことあるかい!と
4回終わって1-10の経過がにわかに信じられず。
序盤でこれだけの点差がついてしまって気持ちが落ちてしまいそうなところだけど
伝統校、さすがです!!!
このあとの追い上げっぷりにはただただ感服。
5回表に一挙6点を返し、さらに6回表にも1点を返して8-10と2点差に猛追(;_;)

すごい!すごいよ、佐賀商

この勢いで逆転出来る!と思った直後の6回ウラに樟南が1点を追加して8-11。
何気にこの1点はちょっと大きいな、イヤな1点与えちゃったなと思った。
結局、試合はそのままのスコアで終了を迎え
佐賀商は九州大会を初戦敗退で終えることとなりました。

正直本当に残念で残念で仕方がなかったんだけどあの追い上げはほんとに凄いと思った。
あのとき、たけちゃんは選手たちにどんな指示を出したんだろ?
とうきちくんもきっとベンチのウラから試合を見守っていたと思うんだけど
選手たちにどんな言葉をかけたんだろ?

佐賀と言えば佐賀商

深い歴史と常に注目されるとゆう大きな重圧を抱えながらも常に上を見据える折れない気持ち。
すごいね。

改めて凄いな、って思ったよ。


久し振りに甲子園で佐賀商のユニフォーム、本当に見たかったんだ。
だから来年の夏に期待します!!!





近畿大会は一昨日、11月1日が決勝戦だったんだけど
この秋の地区大会、私は近畿大会が一番思い出深い大会になりました。

って、まだ関東東京は大会終わってないけど(;^∀^)

応援していた滋賀学園が最後まで勝ち上がってくれたので。

と、一言で言うたけど近畿大会の決勝に進むまでの道のりは当然のごとく山あり谷ありでした。

滋賀学園は今年の3月にグラウンドにおジャマさせもらっていて、
5月の関東遠征の際は試合を見させてもらっています。
3月にグラウンドにおジャマしたのは、商大付 が滋賀学園と練習試合を組んでいたので
甲子園でセンバツを見たあとに滋賀に寄って商大付の練試を見る、
予定だったんだけども試合当日朝方までの生憎の天気とグランドコンディション不良により練試は中止に。

*詳しくは以下エントリーを見てね

関西遠征 PART1
関西遠征 PART2
関西遠征 PART3
関西遠征 PART4
関西遠征 PART5
関西遠征 PART6

このときに練習を見学させてもらって、しっかりと地に足がついたチームだなって思ったの。
甲子園とゆう目標を夢物語ではなく、現実として見据えてるチームだなって。
こゆチームが甲子園に行くんだな、って。
私が見たのはほんの少しの時間だったけれども選手の皆さんの気持ちの強さが強烈に印象に残った。
気持ちの強さが前面に出ていて室内での練習だったけれども大きな気迫が感じられた。
このコたちは1日たりとも練習を無駄にしないんだろうな、って。

今秋の県大会、滋賀学園は3回戦までコールドで勝ち上がり迎えた準々決勝、
近江戦は5-6の僅差で勝利。
次戦、準決勝の相手・北大津はこの夏の滋賀大会初戦で対戦して5-5延長15回再試合となり
翌日の再試合、5-3で負けてしまった相手。
夏とはメンバーが変わっているとは言え、負けた方としてはやはり思うところがあったはず、
でしたが、6-10で夏に続き秋も北大津に敗戦。

んー・・・鬼門が八幡商から北大津に・・・?

結局この秋は北大津が県大会を制し、
3位決定戦にまわった滋賀学園は対戦した長浜に6-3で勝利し
滋賀3位校として近畿大会に滑り込みで出場を決めました。 アブナイトコロダッタ(;^∀^)

そんなこんなで迎えた近畿大会初戦の相手は大阪1位の大商大堺。
滋賀学園はこの試合に6-1で勝ち2回戦へ駒を進めます。
次戦の準々決勝の相手は兵庫2位の報徳学園。
報徳学園はこの大会の1回戦で今シーズンの滋賀学園が勝つことの出来なかった北大津に
延長10回、3-2で勝ってこの日を迎えました。
報徳学園がその辺までリサーチしていたかどうかはわからないけれど
滋賀学園としては北大津に勝ったチーム、というアタマはあったのではないかと。
その報徳学園戦、もうね、私、試合中パソコンの前をずーーーーっと動けなかったよ(>_<)
twitterのTLに並ぶの数字・・・

延長戦・・・

延長13回を終わって0-0・・・

延長15回再試合が頭をよぎった14回表、2アウト2塁の場面で
ここまで1年生エース・神村くんをリードし鼓舞し続けてきた3番・1年生キャッチャー後藤くんの
センターへのタイムリーヒットで報徳学園のエース・主島くんから漸く、ようやく(;_;)
欲しかった1点が滋賀学園のスコアボードの並びに灯されたのです。
ホームを踏んだ徳留くんはキャッチャーをかいくぐる形でのホームインだったようで
1点への執念が覗える、ギリギリのところでもぎ取った1点だったんだな、って。

試合途中から点灯試合になり、試合終了時は完全ナイターだった模様。

高校野球で、ナイターで、延長14回1-0の試合。

球場で見ていた方はほんまにココロ痺れた試合だったと思います。

延長に入って回が進んで行ったときに夏の北大津との延長15回再試合が頭をよぎったので
何とかこの試合で決めて欲しいと思っていたんだけど試合後の監督インタビューだと
夏に延長15回を経験していたのでそこに動じることはなかったと語ったそうな。

苦い思い出こそ良い経験になる。

ほんまに良い試合を見させてもらいました。

あ、見たんじゃなくてTLで追いかけてただけでした

近畿大会ベスト4に入った滋賀学園はこれで来春のセンバツ出場がほぼ当確に(*´꒳`*)

報徳学園は選考日まで気を揉むこととなりそうですが、
近畿大会2試合連続延長戦を戦って準々決勝のに関してはこの内容。
これだけの激戦が評価されない訳はないと思います。
来年の1月、報徳学園にも吉報が届きますように。


近畿大会でベスト4に勝ち進んだ滋賀学園は準決勝で京都1位の龍谷大平安と対戦。
この試合を8-1、7回コールドで制すると
決勝戦で大阪2位の大阪桐蔭と近畿大会優勝を懸けて対戦。
0-3、3点ビハインドで迎えた最終回に2点を返した滋賀学園でしたがあと1歩及ばず、
2-3、優勝には届かなかったけれども近畿大会準優勝に輝きました

近畿で優勝して神宮大会に出場して欲しかったけれどもそれはまた来年のお楽しみってことで。


今年の3月に商大付野球部を通して出会った滋賀学園。
今年は練習を一度、練試を一度見させてもらっただけだったけど来年は是非、
公式戦を見に行きたいです

その前に甲子園
 
前回出場時に歌えなかった校歌、来年のセンバツは必ず歌おう!!!

そのときは一緒に歌えるようにと私も今、動画サイト見て滋賀学園の校歌覚えてるとこ(*´罒`*)


遅くなりましたが滋賀学園野球部の皆様

近畿大会準優勝おめでとうございます

今後のご活躍を遠く千葉より祈念してます!頑張ってね*\(^o^)/*

たっちゃんほんまにおめ!さらなる高みに向け頑張ってね!




スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 同球会 高校野球