FC2ブログ

第3クール2日目・日ハム新人合同自主トレ ~プロ野球~

1月21日(金) 天気



1月21日(金)



行って参りました



鎌スタ名物



連日、テレビで見る画

ここに並ぶとお前もドラ1目当てか?!と思われそうなので (勝手な思い込み・・・)
行列には並ばず、取りあえずグランドをのぞくために外周へ。

ホントはこの行列を避けたかったので10時過ぎに着くように家を出たつもりが
少し早く着いちゃって・・・。



乾投手と勝投手



自主トレは10時開始ですが、既に球場入りしていた新人さん達は各自、
ランニングやストレッチを始めてました。
この時点でグランド外周にも見物人がたくさん。


ランニングしていた乾投手と齊藤勝投手
近くにいた3人組の女性がせーのっっで「乾投手~」と声援を送ると
乾投手は声のする方を見て笑顔で頭を下げました。
乾投手はめちゃ愛想がよく、ファンの方だけでなく報道陣に対しても常に笑顔で対応
人気急上昇の選手です。



ストレッチ


開場待ちの列が解消されたのを確認してからスタンドへ。
この日は風が強くてすんごく寒かった
スタンドへの階段登りながらこの寒さ、ムリかも・・・チラ見して帰るかも・・・
ってくじけそうになったんだけど、不思議なモノで階段上り切ってスタンド入って
グランドの遥輝くんの姿確認したら 寒くなーいっっ
遥輝パワー、スゴっっ


寒風吹き荒れる中で始まった自主トレ、まずはストレッチから。
この日はドラ5の谷口選手の姿が見えず。
学年末で愛知に戻ってるのかな。



ストレッチダッシュ



ストレッチが終わると次はストレッチ&ダッシュ
足が1番高く上がってるのが遥輝くん。


その場で1、2、3、4って足上げしてからダッシュとか高くジャンプしてからダッシュ、
ジャンプしながらくるっと1回転してからのダッシュ・・・ってのを30本くらい。
30本のダッシュ前の動きは全部違うもので、まずトレーナーさんが見本を見せて
それから選手が実践。

新人合同自主トレを引っ張るこのトレーナーさん達も立派なプロ。
いわゆる裏方さんだけど、プロの先輩であるトレーナーさんが
ルーキーくん達のプロ野球選手としてのスタートとなる自主トレを先導している姿を見ていて
トレーナーさんあってのプロ野球選手なのだと強く思いました。
ストレッチや体作りのためのトレーニング、試合後のケアに至るまで
常に選手と行動を共にするトレーナーさん。
華やかな選手にばかり目が行きがちだけど、
その華やかな面を、かげで支えているトレーナーさんがいるからこそ選手達が輝ける
プロ野球界において裏方さんの存在がとても大きいと言うコトをこの日、実感しました。



1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg



ストレッチ&ダッシュ

うつ伏せーの起き上がりーの立ち上がりーのダッシュしーの
(バカリズムの “とつぎーの” 風で・・・)
イメージとしてこんな感じです。


ダッシュ練を見てしみじみ、やーっぱ走ってる遥輝くんカッコいい

この日のルーキー自主トレ参加選手中、野手は遥輝くんだけだったってのもあったかもしれんが
走りのフォームが他の選手と全然違う!ダントツでカッケーの
遥輝くん本人がセールスポイントとして1番に挙げている走り、
智辯和歌山時代からのファンにはお馴染みの “遥輝くんの足” が早く試合で見たい



準備運動



ダッシュが終わるとグローブを取りに一旦引き揚げ、
そのトキに遥輝くんもお着替えして今度はキャッチボール前の準備運動。

この後、キャッチボールが始まり徐々に遠投へ。
遥輝くんのボールを受けていたトレーナーさんのグローブにボールが収まるのを見て
2年前の夏の甲子園での札幌第一戦で遥輝くんがライトから投じたレーザービームを思い出す

アレもカッコよかったんだよね♡→ܫ←♡



遠投終了と同時に全体練習は終わり。

で、ハンカチさんと乾投手は・・・どこ行ったんだろ?
室内練習場に移動したんだろーか?
この日もほぼ遥輝くんしか見てなかったんでその後のお二人の行方は知りませんが
グランドから引き上げてく二人を見届けるとスタンドにいた観客の大半も
潮が引くかのごとくスタンドから引き上げて行きました。

「今日はもう終わりねぇ。佑ちゃん、もう出てこないんでしょ?」

そう話しながら私の前を通ってスタンドから出てったおばちゃん・・・


待て待て待てーーーいっっ



まだ遥輝くんと齊藤勝投手と榎下投手がグランドにいてるでしょ



遥輝くん



1塁ベンチ前に移動した遥輝くん、齊藤勝投手、榎下投手。

ここから3選手へのノック開始
ハンカチさんがグランドを去っても私には関係ナイ
だってだって遥輝くんがまだグランドにいるのですから

スタンドが静かになった分、遥輝くんの声が聞けたし
ベスポジで遥輝くんのノックがじーっくりと見られたし
あー、何て素晴らしいのかしらこの状況ステキ、ステキ 



遥輝くん4


齊藤勝投手、榎下投手、遥輝くんのローテーションで進められたノック。

緊張感ある中で行われた全体練習とはうって変わって?和やか形式で行われたノック。

時折選手に向けて

「いいねぇ!」 「あ、今の捕り方よかったよ!!」

と、ノッカーから声がかかる中、

「いいグローブだ!」 「ソレは外野手の捕球。これからは内野手だからなっっ」

と、このトキはいじられキャラと化した遥輝くん


新入団選手の中で1番年下だしトレーナーさん達にもかわいがられてるコトがうかがえました^^



遥輝くん2



この日の遥輝くん見てたらもうすっかりプロ野球選手

不安げな表情で入寮して、緊張した面持ちの中でスタートした自主トレ。
あれから少し時間が経って約10日振りの遥輝くんだったけど
この日見た遥輝くんは鎌スタにも千葉にも自主トレの雰囲気にもしっかりと溶け込んでた。



遥輝くん1



どのくらいの時間だったかなー?20分くらい?ノックタイムが続き、
ノッカーから「ラスト3周ね!」の声が・・・。

あーあーあー・・・ついにこのステキタイムが終わってしまう


これまで通り難なくボールをさばいてきた遥輝くんがラストボールをキレイに捕球。
それをボール収容ネットに投げ入れて、ノック終了!のハズが・・・アレ?

「あーーー!これダメでしょー!これじゃ終われないでしょー!ハイ!あと2周ね

最後に遥輝くんが投げたボールがほんのちょっと収容ネットからズレて届いてしまった為、
ノッカーから「もうあと2周!」のお告げが・・・


再び齊藤勝投手が「お願いしまーす!」と守りにつくと遥輝くん、

「申し訳ないです・・・^^;」

私としてはあと2周また遥輝くんが見られるんだわー

って嬉しかったけどね


“オマケ” の2周目のラスト、今度は絶対にミスれない?!遥輝くんの順番。

「最後は西川がちゃんと締めてくれます!」

齊藤勝投手がノッカーに断言=遥輝くんへのプレッシャーを発したあと、
グローブに収まった打球を今度はキレイに返してノック終了。

ホッと胸をなで下ろす遥輝くんでした^m^



遥輝くん3



スポンサーサイト



テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

tag : プロ野球 西川遥輝 和智辯