FC2ブログ

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART10~

7月22日(木) 天気 準々決勝 ~千葉マリンスタジアム・第一試合~


市立柏習志野(Aシード)



マリン


3月のスポニチ大会以来のマリン。

夏のマリンは暑っちーけどやっぱ、雰囲気あるなー。

あくまでも “天台派” の私ですが、最近は習志野の影響もあって
夏の決戦の場はマリン!と思う様になって参りました。

試合開始10時に対し、今日も習志野戦ってコトで早めに家を出て
8時過ぎに幕張本郷のバスターミナルに行ったっけ、
すでに行列の出来るバス停になっておりました。

マリンに着いて入場券販売開始時間まで、ここでも行列に並ぶ。
並んでるトキ、周りの人達の会話の内容は山下くんの話題で持ち切り。
前の試合ではスカウトが何人来てたとか、スポーツ新聞の山下くんの記事見て
あーだこーだ言ってるのを聞いて改めて千葉県民の山下くんへの関心の高さを思い知りました。



市立柏VS習志野スタメンスタメン確認しながら、あー・・・市柏さんなのねー、商大付じゃないのねー・・・と、まだ3回戦での敗戦を引きずっておりました。あんトキ勝ってたらねぇ・・・商大付VS習志野見たかったなー。

習志野の4回戦(VS拓大紅陵 7-5)、5回戦(VS松戸国際 6-3)は見れなかったのでこの2戦のメンバーはわかりませんが、早野くんがスタメンから外れちゃってたのはちょっと残念でした。まぁ、藤井くん当たってる様だったので、こーなるかな。




1上條くん市柏の先発は商大付戦と同じ、エースナンバーをつけた上條くん。

あの日から5日が過ぎていましたが、そのくらいの時間ではまだ私自身、市柏とゆーチームを冷静に分析できるまでには至っておりませんで、どうしても悔しいとの思いの方が強く前面に出てしまいまして・・・。
市柏の応援ひとつをとってもトラウマになってて校歌も、市柏のってカッコイイんだけどこの日は、あーまだ聞きたくない!ってコトで耳をふさいでしまう始末でした。
ちなみに市柏って昔、一度センバツに出場したコトがあります。あのトキは初戦敗退で校歌歌えなかったけど、市柏の校歌も甲子園で聞いてみたい校歌かも。カッコイイですよ。って、この日は聞きたくなかったけど




この大会、習志野の初回の最初の応援って毎試合 “アラバマ”
でスタートしてたのね。






私、習志野の応援で今一番好きなのが “アラバマ” で習志野の攻撃のスタートと同時に
あの “ジャーーーーン” のイントロ聞くと、
これから習志野の試合が始まるってよりも今日も習志野の応援が始まる!
ってな感じでめちゃテンションが上がるんだけどこの日、あのイントロの
“ジャーーーーン” の “ジャ” の部分が演奏されたと同時に
バッターボックスに立つ先頭打者の宮内くんがカキーンと鋭い打球音を響かせて
その瞬間、“アラバマ” の演奏が止まったのね。


6宮内くん
3塁側の習志野スタンドいた人が宮内くんへ投じられた初球の行方を固唾をのんで、えっっ?まさか?!と目で追って行くとこれがなんと!
レフトスタンドへと飛び込んでいったのです

すごーい!初球先頭打者ホームラン

当然、習志野スタンドは大騒ぎで、ブラバンの演奏も “アラバマ” ではなく得点ファンファーレに代ってしまってそれはそれで嬉しいんだけど “アラバマ” も聞きたかったゾってな具合で贅沢な文句を言ってみたりして。


結局この日はこの後 “アラバマ” が演奏されるコトはなかったんだけど
初球先頭打者ホームランが見られたからよしとしよう、うん! 

宮内くん、ナイスバッティング


この宮内くんの先頭打者ホームランを足がかりに習志野は1回から打者一巡の猛攻で
5点を挙げ、幸先良く準々決勝のスタートを切りました!



20泉澤くん習志野の先発は2年生の泉澤くん。

20番をつけていますが、泉澤くんは公式戦での実践も積んでるし・・・って夏の県大会の準々決勝で先発を任された時点でもう、そーゆー選手なワケだからここでの学年や背番号の説明はあまり意味を持たないですね。

泉澤くんは2回にタイムリーを打たれて1点を与え、3回には与四球でためてしまったランナーを死球で押し出し。

直後に同じ2年生の末松くんにマウンドを譲るコトとなってしまいました。




山下くんと泉澤くんスタンドから見ていてバッテリーでサインの交換が上手く出来ていないのかなって場面があったんだけど、その度に山下くんはマウンドにいってサインの確認したり間合いを取ったりして時間を掛けて丁寧な試合運びに徹していました。
時には大きな声で 「自信持って投げろ!」って檄飛ばしたりするんだけど、そのあとにキャッチャーファールフライを取り損ねてしまった際には真っ先に泉澤くんに対してアウトカウントを稼げなかったコトを謝ったりしてたし。

山下くんのコトをとにかく強気の選手、って思ってる人も多いと思うのですが
ひとつの場面だけを見てそう判断したんであればそれは間違いです。

小林監督が雑誌のインタビューでいつも言っている、“瞬発力” のある性格、なんですよね。
サインの行き違いがあってカッとなってもすぐに冷静に試合を見るコトが出来る選手。

ホント、山下くんみたいな選手ってそうはいない。
試合でその活躍を見るのがホントに楽しみ!な選手の一人です。




4回表、1アウト3塁の場面で廻ってきた山下くんの第3打席。
スタンドのちびっこから「山下くんガンバレ!」の声も聞こえたこの打席、


2山下くん


そーいや、宮内くんも初球だったっけ。

山下くんもこの打席、2回から上條くんに代ってマウンドに上がった市柏の角館くんの初球を
思いっきり振るとコレがぐんぐん飛距離を伸ばしてってー・・・
センターバックスクリーン直撃一番深いトコロへとボールが消えて行きました。

2ランホームラーン



山下くんホームイン



コレもスゴかったっすよ、あー、さすが山下くん!ってなホームランでした








山下くんにレッッゴーは鬼に金棒だぁね



早野くんと山下くん




早野くんと山下くん。











1高橋亮太くん



こちらは7回ウラに登板した高橋亮太くん。











♪君知るや~



3-10、7回コールドで習志野が勝ち、準決勝へ。



習志野準決勝進出


時計見てみて下さい!(小さくて見にくいけど・・・)

コールドゲームだったけど、試合開始(10時)から2時間50分が経過してました。

3回終了時に時計見たら11時40分だった・・・。



両チームの選手の皆さん、暑い中お疲れ様でした。





スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 夏県大会