FC2ブログ

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART3~

7月14日(水) 天気 2回戦 ~天台・第一試合~


東京学館船橋習志野



千葉県大会


この日は今年の夏、初めての天台でした

やーっぱ私は千葉県の高校野球ゆーたら天台なんだよねー。
マリンではなく断然!天台派です

県営球場なのにナイター設備がないだの、そろそろ改修工事したら?なんて声も聞きますが
まぁ、いんじゃね?って思ってます。
一番試合が見やすい球場だしアクセスとかトータルでみて県内の中で天台がNO.1だな。



学館船橋ベンチ右端にいらっしゃるのが黒川さんなの?
商大付がセンバツに出場したトキのベンチ入りメンバーだった黒川さんが学館船橋の監督に就任されてから結構経つけど、いまだかつてお顔を拝見したコトがない為・・・わからん。 (商大付が甲子園出たトキは野球の “や” の字も興味がなかった頃なので見てないし・・・。)


この日も、3塁側の習志野スタンドに陣取ってしまったのでまたしても遠くてお顔を見る事が出来ませんでした。
またの機会に・・・。


習志野・山下捕手


泉澤投手と山下捕手。

春に山下くんを見たトキに、一回り体が大きくなっててびっくりしました。
冬トレの成果ですね。
その成果は春の県大会優勝、夏の県大会2本塁打の成績からして
ちゃんと発揮出来たと思います。

試合前、ちびっこから「山下くん、頑張って!」の声援が飛びました。
この日の山下くんは2打数2安打 2死球でヒットは2本共タイムリー。
3打席目、2回目の死球はボールをよけた際に背中に当たってしまったのですが
かなり痛そうにしていてセンターの福田くんが臨時代走に出ました。
山下くんが試合中にベンチに引っ込むくらいなのでよほど痛かったんだろーなぁと3塁側スタンドの
習志野ファンの方々が心配されている雰囲気がひしひしと伝わってきました。
それだけにチェンジになってキャッチャーミットを手にベンチから出てきたトキはホっとしました。



学館船橋応援団高校野球の試合を見に行って各チームの父母会の方が作られた応援の横断幕を見るのもひとつの楽しみ。
学館船橋の “爆裂!無敵の技” ってカッコいいですねー
学館船橋は全校応援だったのかな、たくさんの生徒さんが応援に来ていました。




習志野・5水野くん

習志野の先発は背番号5の水野くん。
水野くんも投げられるんだー^^;投手層厚っっ!

7回完投、2安打無失点に抑えた水野くん。
めちゃテンポのいい投球で見ていて気持ちがよかったです。
今年の習志野は1、2年生のピッチャーが多いのですが、水野くんは3年生。だからかなー、山下くんとの相性もバッチリに見受けられました。お互いがお互いのコトを良く理解出来てるって印象。







習志野・3早野くん


習志野のファースト・早野くん。
多分、チームで一番背が高いと思う。
それもあってか試合見ている中ですごく目立ってて気がつくと目で追っちゃってました

最後の大会は途中からベンチに下がってしまったのですが、いつもチェンジのトキに山下くんが守りにつく準備を手伝っていた姿が印象的でした。




習志野VS学館船橋


0-8、7回コールドで習志野が3回戦に進出しました。

今、この写真をよーく見たら習志野の4番が佐藤くん?!

山下くんどこ行った?


あー・・・メモ見て思い出した
そーそー、7回表2アウトでキャッチャー山下くんから佐藤くんに代ったんだった。
この交代、結構な衝撃だったんだけどその割にはすっかり忘れてるし



スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 夏県大会

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART4~

7月14日(水)天気 2回戦 ~天台・第二試合~


千葉黎明千葉日大一


黎明VS千葉日大一



第一試合の学館浦安VS習志野の試合時間が1時間40分弱だったので
観戦体力はまだ余裕アリとみて引き続き第2試合を観戦。



黎明応援団



全校応援(多分)の学館船橋と県内1、2を争う人気チーム・習志野の対戦で
平日にもかかわらずたくさんのお客さんが入っていた前の試合。

第2試合はスタンドの雰囲気がガラっと変わるかなーと思ったのですがどーしてどーして、
千葉黎明さんも全校応援の様で、あっとゆー間に1塁側スタンドは
制服姿の生徒さんで埋め尽くされました。



千葉日大一応援団

日大カラーのピンク

カワイ過ぎる
ピンク好きにはたまらんカワイさです!

実際、スタンドで応援を目の当たりにしてその鮮やかさに思いっきり惹きつけられました










千葉日大一高


どちらを応援するでもなく見始めた試合だったので試合の途中で帰るつもりでいたのですが
最後まで見てきました。
習志野が3塁側だったのでそのまま何となく3塁側・千葉日スタンドで観戦していましたが
気が付けば千葉日の応援に没頭してました。


試合の方は2回表に黎明が1点を先制。
この1点が決勝点となり1-0で千葉黎明が3回戦へ駒を進めました。




千葉日大一高1


突出した選手がいるわけでもない、目を見張るほどの試合展開があったわけでもなかったけど
今年見てきた試合の中である意味、1番印象に残ったチームだったかも、千葉日大一高

最初から、このチーム雰囲気がいいなーと思ってはいたのですが
どんな場面でもその雰囲気が揺らぐことはありませんでした。

ベンチ前で円陣を組んで監督さんの指示を聞くトキ、毎回必ず笑顔の選手がいました。

チャンスの場面で三振をしてベンチに戻ってきた2年生に3年生が
「いいスイングだったよ!」 「OK!OK!」

選手ひとりひとりがチーム全体を見ていてその中でそれぞれが自分の役割を理解している、
誰かに教えてもらうんじゃなくてこのチームにいると自然とそうなれるのかもしれない
と思いました。

試合後、ご自身も目に涙をためながら、泣いている選手に声を掛けていた稗田監督。


高校野球って甲子園だけじゃない。
それを目標に日々鍛錬する上で学ぶコトやたくさんの方と出会い、関わって行くコトの方が
選手の皆さんにとっては大きな財産になるんだよね。


改めてそんなコトを考える機会を与えてくれた千葉日大一高は、
高野キャプテンを中心にまとまった素晴らしいチームでした。




+++++++


2回戦 ~天台・第三試合~


市川西我孫子二階堂



我孫子二階堂野球部



西と我孫子二階堂、どっちも友達が通ってた学校なんだよね。

だから何だって話だけど・・・。

我孫子二階堂は私が高校んトキは女子高だったけどいつの間にか共学になってた。



市川西高



西も来年度から市川北との統合合併が決まっているので
市川西としての野球部の活動は今シーズンが最後。

(ちなみに、校舎は西の方を使用して新学校名は市川昴高校になります。)




市川西高野球部



西のユニフォームってあるトキ、画期的に変わったんだよね。
犬のマークとか入ってなかったっけ?

おー!こんなんもアリなんだーって思ったくらい当時は度肝抜かれた。



市川西応援団



この写真でわかるかなー?

西のチアリーダーとブラバンのTシャツ、デザインは同じなんだけど
色が何種類もあってすんごいカラフル!!!
鮮やかで、めちゃカワイかったです


私だったらピンク着るかなー。



市川西VS我孫子二階堂



試合の途中で帰ってきちゃったけど試合の方は4-2で西が勝ちました。




この日は試合はもちろん、各チームの応援も存分に堪能した1日でした



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 夏県大会

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART5~

7月15日(木) 天気 2回戦 ~天台・第一試合~


津田沼西武台千葉



西武台千葉応援団



2日続けての天台

大会6日目にしてようやく商大付のが見られるって浮かれてたのと
第1試合の西武台千葉の応援が見たいってので少し早目に家を出た。

千葉都市モノレールの “スポーツセンター駅” を出た陸橋んとこから
西武台千葉の応援団を撮りました



津田沼高校野球部


商大付が1塁側だったので第一試合も1塁、津田沼側で観戦。

高3のトキの夏の大会、3回戦で商大付が津田沼と天台で対戦して
7-0で勝ったコトを思い出してみたりして。


「商大付の試合見に行くから休みま

さすがにそんな言い訳はしなかったと思うけど、何かしらテキトーな事言って学校休んで、
あんトキも天台に行ったなー。

途中から登板した柴田くんが、テレビに映りたいが為にマウンドでいらん時間稼ぎしたり
(もー時効だよねよいコの皆さんはマネをしないで下さい。)
当時の商大付野球部監督の染谷先生に、「学校行かなくて大丈夫かよー!」って心配されたり
新聞社でバイトしてたお兄ちゃんが試合の写真を撮って譲ってくれたり
と、いろんなコトがありましたわ、高校生んトキは。



商大付クン



第一試合をスタンドで観戦する商大付クン。

こーなるともー、試合そっちのけでスタンドガン見して頑張れー!と念を送る 
(怖いわ

コレ、もー5か月前のコトなんだぁね。
あー、3年生・・・懐かしすぎる・・・。



西武台千葉


試合は6回コールド、1-14で西武台千葉が勝利。

大差がついた試合だったけど、最後まであきらめない津田沼高校の選手の皆さんの姿勢には心打たれるものがありました。









津田沼VS西武台千葉


第一試合が終了。

さてっっ
ココからが本当の今年の夏のスタート

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 夏県大会

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART5~

7月15日(木) 天気 2回戦 ~天台・第2試合~


千葉商大付(Bシード)市立銚子



商大付野球部


コチラが千葉商大付野球部 平成22年度チームです

組み合わせ抽選会から1ヶ月、天台でグレーのみんなが見られるこの日を待ってたよ


シートノック



まずはシートノックから

と言いながら、やっぱ写真だと伝わらない・・・ってコトで動く商大付クンを







シートノックの始めは各ポジションで、終わりはホームベースの後ろで商大ダイブ ^ε^

始めの頃は相手チームからどよめきが起こったりしましたが
今は、これが商大付野球ってのを認識される様になったので県内では
あー、商大付さんねってな具合で見てもらえる様になりました。

っつか、早く甲子園で商大付ダイブが見たいんですけど



商大付VS市立銚子



スタメン

飯塚くんと林くんの打順が入れ替わって、けーごくんが4番に上がってる。
打順の入れ替わりはあったもののベストメンバーですね。


試合前に今年度の商大付野球部父母会長の渡辺さんが声を掛けて下さいました。

6月の市内大会以来、チームを見ていなかったので

「みんな、調子どうですか?」と聞いたところ

「上がってきてますよ!」って。

直前の桐蔭学園との練習試合のコトも教えて下さいました。
渡辺さんには昨年の秋以降、チームの状況を教えていただいたり本当にお世話になりました。
父母会長として選手達が純粋に野球に打ち込めるような環境を常に整え、
懸命にバックアップされていた姿はいつもスタンドに駆けつける商大付ファンも見ていました。
選手ひとり一人の現状をちゃんと把握されていて、渡辺さんをはじめ父母会の皆さんが
影ながら商大付野球部を支えていたからこその昨秋の県大会優勝だったと今さらながら思います。


息子さん達が卒業されてもまた来年、スタンドで今年の父母会の皆さんと
お会い出来る日を楽しみにしてます!



平部くん
さて、試合。

商大付のピッチャーはエースの平部くん。

体は細いけど、エースとしての貫録は十分にあります!
もともとは内野手だった平部くん。
昨秋、先生の思いつき?!でピッチャーに。
あっとゆー間にエースへと上り詰め秋の県大会初優勝の立役者にそんなすごいコなのにいい意味でまったく変わらない!マウンドではいつもニコニコとキャッチャーのサインに頷いてから投球フォームに入る。
甲子園のマウンドでもそんな平部くんが見たかったと思っているのは私だけじゃないはず。

大学でも頑張ってね神宮に見に行くからさっっ






いきなりピンチ3年生にとって最後の大会の初戦はピンチからのスタート

1回表、市立銚子の攻撃は先頭打者が四球を選んで出塁。
2番志野選手の送りバントの処理を誤り、ノーアウト1、3塁。
ノーヒットで先制のチャンスをつかんだ市立銚子、3番の佐久間選手のレフト前タイムリーヒットで1点先制。
その後も送りバント、四球で1アウト満塁と追加点のチャンスでしたが後が続かず、商大付は最少失点でピンチ切り抜けました。




1点を追いけかる商大付は3回ウラ、この回のトップバッター・2番大塚くんが
レフトへの2ベースヒットで出塁。3番林くんが送って、迎えるのは



太田くん

4番の太田くん。

けーごくんの強い打球がショートに転がるとこれがヒットになって3塁ランナーの大塚くんがホームに還り同点

取りあえずココでホッとする






5番の湯浅くんがセンターフライに倒れるもその後、商大付はヒットと四球で2アウト満塁。
このチャンスの場面で8番の平部くんがレフトにボールをキレイに運び、
この間に2人が還って逆転に成功。




渡辺くんと小澤くん



なおも2アウト1、2塁のチャンスに打席に入ったのは
商大付・驚異の?ラストバッター小澤くん。 (写真:右。左は声出し番長の渡辺くん)
小澤くんの左中間タイムリーヒットでさらに1点追加し、この回合計4点を挙げました。


4回表に1点返されるもそのウラ、


大塚くんこれまで2打数2安打と当たっている大塚くんが “さくらんぼ” (大塚くんだけにの応援が流れる中バッターボックスへ。
多分ベンチの指示は好きなだけ打ってこいだったと思う。 (ホント?)
その指示通り、好きな様に?打ったセンター前ヒットでこの日3度目の出塁。大塚くんが1塁にいて走らないってコトはねーだろ、ってんで盗塁を試みるもこれがアウトに。私としてはどんなタイミングだろーがどんなに強肩のキャッチャーが相手だろーがチームイチの俊足の大塚くんが盗塁を失敗するなんてありえない!と思っているのでアウトのジャッジに2塁塁審の方を目を細めてえっっ?の視線を送ってしまいました。




湯浅くん

なんで大塚くんがアウトなんだよー
と、納得いかない私でしたがその後、湯浅くんがレフト前に5点目のタイムリーを打ってくれたのでそれで機嫌を治すとゆー・・・。

ええ、単純なんでしょうねぇー。

湯浅くんはホントに打ってくれる感 “大” な選手でした







商大付野球部1



商大付は銚子の学校と相性が良くなくて過去、銚子商、市立銚子、銚子西に負けてきて
どの試合もほんとに悔しい思いしているので正直今日も、
あー、初戦で市立銚子って思ったんですがね、
そこは昨秋の優勝チーム (しつこいって言われても声を大にして何度でも言う
過去の←こーんな悔しい思いを清算してくれました



商大付野球部3



5-2で初戦突破。

平部くんも前半は調子がよくなかったけど、5回以降はヒットを許さず
三球三振ってのも2コありました。



商大付野球部2



この日も野球部全員で勝利を手にしました




テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付 夏県大会

2010 第92回全国高等学校野球選手権・千葉県大会 ~PART6~

7月15日(木) 天気 2回戦 ~天台・第3試合~


市立稲毛(Cシード)若松



いつもありがとうございます!



両チームのシートノックが終わってからのグランド整備。

グランドに水が撒かれるのを見ていると、気分的に涼しくなるんですよね。


暑い中、補助役員のコも大会役員の方もお疲れ様でした。



若松高校応援団



若松高校のスクールカラー・緑ベースの応援千羽鶴。

右の3コが鶴ですね。

これって全部、父母会の方が作ってるのかなー?

これだけの数の鶴を折るのも大変だけど、デザインとかつなげるのとかも大変そう。


毎年、各チームの応援鶴を見てるとそこに込められた気持ちが伝わってきます。

選手達も嬉しいだろーな。



若松高校野球部



若松高校野球部と応援団。

集合前のこの整列、カッコイイ。



稲毛高校野球部



市立稲毛高校野球部。


稲毛の監督さん、シートノックのトキにノックバットが見当たらなかったらしく選手達に

「ノックバットないんだよなー。誰か見なかった?」

って言いながらフツーに試合用の金属バットで最初ノックしてたの

当然、カキーンカキーンいい音がするもんだから、すみません

私、スタンドで大笑いしてしまいました

楽しい監督さんだ・・・。

って、好きでカキーンカキーンいわせてるわけじゃないし、それしか策がないからしゃーないよねぇ。


少しして選手の一人がノックバットを手に監督さんのところに駆け寄ると

「あー!ありがとう!」

ゆーて漸くいつも通りの平和なノックになりました。


さすが、小島よしおが出た学校だ。 (小島よしおも野球部だったんだよね)



市立稲毛VS若松



途中で帰ってきちゃったけどこの試合、5-1で稲毛が勝利しました。



飛行機



試合中、空を見上げたら雲ひとつない青空を飛行機が飛んでました。

はじめ青空だけ撮ろうとしたら対象物が無いから?シャッターが下りなかった。

で、飛行機入れたら撮れた、って写真でした。



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 夏県大会