FC2ブログ

第92回全国高等学校野球選手権大会 15日目

8月21日(土) 決勝戦


興南(沖縄)VS東海大相模(神奈川)13-1


興南高校の皆さん、優勝おめでとうございます


+++++++


第92回全国高等学校野球選手権大会は本日決勝戦が行われ興南高校が勝ち優勝、

春夏連覇を果たしました

準決勝の結果からして決勝戦も打撃戦が予想されましたが、
興南・島袋投手は東海大相模打線を見事1点に抑え完投。
ここまで5試合を1人で投げ抜いてきて決勝戦も完投、決して大きいとは言えない
あの体のどこにそんな力が残っていたのか不思議です。
今はただ、ゆっくり休んで下さいとしか言えません

相模さんは正直、センバツのイメージが残ってて
ここまで勝ち上がってくるとは思っていませんでした。
特に一二三投手はセンバツ後にフォームを変えるという決断、この短期間で横からの新しいフォームをよく自分のものとして確立させたなーと。
見ているこちらが思う以上に大変なことだったと思います。


「一二三は自分ではなく他の先生に指導してもらっていたらもっと良い選手になったのではと思うと
申し訳なく思います」

と門馬先生が涙ながらに話すのを聞いて先生も一二三投手と一緒に思い悩み、
二人三脚でこの夏に勝ち上がる術を模索し続けてこられたことをうかがい知る思いでした。


+++++++


甲子園球場



終わってみればあっとゆー間やったなぁ・・・。






今年最後の熱闘甲子園、智辯和歌山の選手出てこないかな
と思って目を皿にしてテレビを見ていたら・・・
あー出た出た坂東くん
成田高校戦で9回表1アウト、8回ウラに中村選手に代りレフトの守りについた西川優輔選手の
代打で打席に立ち三振した場面が写りました・・・。

って、そんなんやなしにぃ
仙台育英の木村投手、田中投手が仙台に帰って仲良くキャッチボールしてるみたいな
智辯和歌山の選手達も和歌山に帰って元気にしてますよ的なんを見たかったんすけど
初戦敗退やとそんな画を映すコトも許されないんでしょうかねぇえ
それでも・・・最後、一瞬でも坂東くんが映ったコト、智辯和歌山の “赤” が見られたコト
それだけでも “わぁ って思えたし、嬉しかった

結局私は最後まで “智辯が勝ち進んでたら・・・” とか “智辯やったら・・・”
なーんでコトを考えながら見てしまいましたよ

だって・・・大好きなチームだったんだもん
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 選手権大会 和智辯