FC2ブログ

応援する様になったきっかけ・その4 ~千葉商大付~

グラウンドの外から練習を見てギャーギャー騒いでいた私たち 

そこに野球部の人が1人やってきて、てっきり 
“うるさいんだけど・・・” とでも言われるのかと思いきや、
“こんにちは!” とあいさつしてくれた。

 “こんにちは・・・”

 “あの、この横の道を真っ直ぐに行くとグラウンドに通じる出入り口があって
そこから中に入ると練習を見学出来るスペースがあります。そこから練習を見てって下さい^^”


・・・練習、見ていいの?


 “えっっ?!グラウンドの中に入って練習見学して行っていいんですか?!”

 “はい^^あの、練習、見て行って下さい^^”


マ~ジ~でぇ~?????


その選手に、“ありがとうございます!” と言って一緒にいた友達に

“グラウンドの中から練習見学していいんだって!行こ!!!”

って言ったらね、彼女、“ヤダ!” って行ったの。


な~ん~で~?????


彼女にしてみたら、いかにも練習見に来ました~♪的に思われるのがイヤだったみたい。

でも、そんなコト考える間もないくらいにみんな一生懸命に練習してる。
実際に声を掛けてくれた選手以外、誰一人としてこちらを気にしてる人いなかったし。

“せっかくだから少しだけ!少しでいいから練習見て行こうよ!”

と、彼女の腕を引っ張って教えてもらった通りにグラウンドの中へ。

階段上って、中に入って、今でこそフツーに通ってる場所だけど
はじめてグラウンドの中に入って、そのときに目の前に飛び込んできた景色とゆーのは
今も鮮明に覚えてます。

ひと言で言えば、目の前の光景に一目ボレ。
わぁ~!!!と言ったっきり言葉が出てこなかったけど同時に思ったのが
直感的に、あ、この学校が今年の夏、甲子園に行くんだ、ってことと
私、ココにいていいんだ、ってこと。

自分の学校の校庭で野球部が練習してるのを見てるときってのは
どーにも落ち着かない。
奴らがまたいつ、何を言ってくるかわからないから。
でもここは、そんなこと言う人もいないし、何よりも居心地うんぬん以前に
本当にフツーにそこにいることが出来た。
何て言うのか、初めて来た場所で緊張する、ってのがなくて
ホント、フツーに毎日学校の教室に入って行く様な感じでそこにいることが出来た。

バックネット裏のスタンドに座って練習を見学。

とにかく威勢のいい選手たちと指導陣の練習、ことノックに関しては、ケンカしてるの?!

ってくらいの勢いで行われていたけど

怒鳴られても怒鳴られても向かって行く選手たちとそれを迎える指導陣、

そこに信頼関係があることは誰が見ても明確だった。


何かいいな、こーゆーの。


私がグラウンドでの練習から目が離せなくなるまでにそう時間はかからなかった。

しばらく見学しているとユニフォーム姿の方がこちらにやってきて
制服姿の私たちに、

「○○高校のコ?」

と声を掛けてくれた。

「はい」

と答えると、

「自分たちの学校の野球部は応援しなくてもいいのかよ^^;」。


ウチの野球部は練習を見に行けばあの通りだ。


「いいんです^^ウチの野球部は・・・」

そんな話をしていたときに一緒にいた友達が訊いた。


「あの、監督さんですか?」

「そうだよ^^」


そう答えてくれたのが現監督の染谷先生でした。


このときの商大付野球 “染谷野球” が、
私が商大付野球部を応援する様になった原点です。


当時は、絵に描いた様な男子校の野球部だったけど
そこにすんなり入って行けたのは染谷先生のおかげ。

「ったく、自分の学校の野球部じゃなくてウチのグラウンドばっかり来て・・・^^;」

って言いながらもいつも他校の学校帰りの制服姿の野球大好きな人を
「また来たか^^;」と迎え入れてくれ、
遅くまで続く厳しい練習を見続けることを黙認しててくれました。


その後、商大付野球部は何度かの監督交代を経て昨年、再び染谷先生が監督に就任されました。
昨年の春大後、グラウンドにあいさつに行ったのですが
先生が商大付野球部から離れていた時間と同じくらい長い間ご無沙汰していたので
覚えてくれてるかなーとの不安を抱きつつグラウンドに出向くと
会うなり、

「おー!久し振り!」

って、あの頃と同じ様に迎えてくれました。

私にとっては高校生の頃からずっと、今も変わらずお世話になっている先生です。
昨年、商大付のグラウンドや試合時の球場でお会いした方の中に
「染谷先生が戻って来られたから、今年からまた商大付の試合を見に来るようになった」
と仰っていた方がたくさんいらっしゃいました。
商大付野球部を応援している方が大勢いることを改めて実感したし、
私も “染谷野球” を以前と変わらず、100パー信用して見てます。


今度こそは!!!

との思いで、今年も商大付の野球部を応援して行きたいと思います^^



+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:.



って、こんな感じです^^;

あとは、このトキに見た “原点チーム” の思い出を今度、ちょろっと書かせてもらえたら
と思います。

ホントにねぇ、この “原点チーム” は強かったんだよね。


今でもあのチームと一緒に甲子園に行きたかった、って思うもん。

もうあれから何年も経ってるけど、あのチームは私にとっては別格チームなのです。




スポンサーサイト

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付

応援するようになったきっかけ・その3 ~千葉商大付~

高校では毎年クラス替えがありました 


毎年、ゴールデンウィーク前後に遠足があって
今考えれば遠足に行って早く新しいクラスの友達と仲良くなってね、ってことだったんだろう。

高3のときの遠足・・・どこに行ったんだっけ?
その日の学校帰りのことはよく覚えてるのに遠足の場所は覚えてないや^^;

遠足から学校に戻ってきて、帰り、私は2年のときに同じクラスで
1番仲の良かった友達と一緒に帰る約束をしていました。
そのコとは3年でのクラスは別になってしまったので、その日の帰りに校庭の朝礼台に座って
新しいクラスはあーだこーだとお互いに話してました。
この日は校庭を練習の場としている部活はみんなお休みだったらしく校庭には誰もいない。
ふと、目の前の野球部の練習スペースが目に入って

「ウチの野球部って・・・」って野球の話を私の方から始めた。

このコは、私の野球好きを理解してくれてるコで
私の野球の話しにつきあってくれるし彼女自身、そこそこ野球を見るコだった。

私の周りには意外と野球好き女子が少ないのでコアな野球の話しが出来る彼女には
いろいろ話した。
彼女にしてみたらコイツ、本当に野球の話しばっかりするな、と思ってたかもしれないけど
それでもイヤな顔ひとつせずにつきあってくれた。
そんな話の流れでなんとなく盛り上がって、今年の夏休みに甲子園に行こう!ってコトになった。
高3の私たちにとってはいわゆる “最後の夏” だ。
ずーっとずーっと行きたいと思っていた甲子園に行こう、って誘ってみたら彼女もノッてくれて
野球の話しはさらに盛り上がる。 (ちなみに、ホントにその年の夏、このコと甲子園に行ってきました^^)

「ホントに野球好きだね^^; あ
ねぇ、この近くに商大付の野球部のグラウンドがあるの知ってる?」

彼女にそう言われて

 「えっ?商大付って・・・商大付だよね?野球部のグラウンド?
この近くにそんなのがあるの?!」

商大付と言えば地元の男子校で中学のトキ、同じクラスの男の子が3人商大付に行ってる。
同じ学年だと8人(だっけ?)行ってて、
同じクラスじゃなかったけど野球部からも1人、商大付に行ったコがいる。
過去にはセンバツに出場したこともあるって聞いたことがある、
私がまだ野球を見ていない頃の話しだから詳しいコトは知らないけど
センバツに出場したことがあるくらいだから野球部は強いと思ってた。


友達 「うん。チャリで5分?10分はかからないところにあるよ。
たまに近く通るけど通りすがりに見るといつも練習やってるよ。
これから行ってみる?」

 「うん!行く!行きたい!商大付の野球部の練習見たい!!!」

ってコトで彼女について商大付のグラウンドへ。

野球部の練習が見られることにワクワクしながらチャリをこいでたら
途中で打球音と練習している声が聞こえてきた。

「コレって・・・?!」

「もうすぐ着くから多分そう(商大付の野球部)じゃない?^^」と、彼女。

まだグラウンドは見えないのに大きな声は聞こえてくる。


スゴイ・・・。


そしていよいよ “あのお店” の角を曲がったら正面にそれらしきものが見えて
木々の間から白いユニフォームが動いているのが遠目に見えた。

「この正面に見える、アレが商大付の野球部のグラウンドだよ」


チャリダーッシュ!!!


着いたところは外野沿い。

最初に目に入ったのはグラウンド外にズラーっと並んでいるたくさんのチャリ。



2012 元旦14



当時はこの道沿いにキレイにチャリが並んでたんだよ。
まだクラブハウスもテニスコートもなかった頃。

「ここに置いてあるチャリって全部野球部の人の?!商大付の野球部って何人いるの?!」

私の学校の野球部は30人に満たない人数だ。
70台くらい?並んだ野球部のチャリ。
それだけで圧倒された。

って、チャリなんてどーだっていい。
目の前で練習やってるんだからそっち、そっち、ってことで野球部のチャリのとなりに
自分たちのチャリを置いてライト後方の、



2012 元旦9



コチラから、おまい、顔にアミアミの跡つくぞ、ってくらいの勢いで練習ガン見。

野球部の専用グラウンドがあって、70人くらいの部員がいて、
そんなチームの練習を私が冷静に見られるワケはなく、当の本人は気付いてなかったけど
多分、ギャースカピースカそりゃもう大騒ぎしてたと思います・・・。


「スゴイねー!!!私、多分ずっとここで練習見ていられると思う!!!」


通りすがりとは言え、何度か練習しているところを見たことのある友達は

「そーお?よかったね^^;」。

「うん!連れて来てくれて本当にありがとう!」


ギャーギャー言いながらどのくらい見てたんだろ?

しばらくしたら1人の選手がこちらに向かって走ってきた。

あ、勝手に練習見てて怒られるかな・・・それともギャーギャーうるさいって言われるのかな・・・

私たちの目の前に来たその選手は、

「こんにちは!」

そうあいさつしてくれた。


つづく・・・




テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付

応援するようになったきっかけ・その2 ~千葉商大付~

野球の強い学校に行きたかったのに、近所の県立高校に通うコトになった私 


自分の学校の応援で甲子園に行くという夢は・・・夢で終わるのね、きっと・・・(ToT)

でも、一応野球部はある。
高校では部活に入らなかった私は、
帰りにちょっと野球部の練習見て行こっかなってコトがたまにあって
遠目に見ていたコトが何回かあった。
すると、単に野球部の練習が見たいってだけなのに野球部の同級生が、
アイツ、誰かのコト見てる・・・って騒ぎ出した。

はぁ?!

誰も見てねーよ練習見てんだよ!見るほどの同級生、いねーじゃんか!!!
(ゴメン、こーゆーとこだけ正直なの(≧∇≦))

練習見る度にこの調子・・・もー、頭にキタ!

ウチの野球部の練習なんてもう、見ない!

で、当てつけでサッカー部の練習見たりして^^;
(サッカー部の友達が多かったのでサッカー部の練習を見ている分にはそーゆーコトは言われなかったし)

でも・・・サッカー部の練習って・・・走ってるだけ・・・(に、私には見えた^^;)

やっぱり、野球部の練習が見たいと思いつつ見に行けばまた言われる。

「アイツ、誰かのコト見てる」

でもね、そんなコト言うのは同級生だけで先輩達、特に2コ上の3年生は
みんなめっちゃ優しくって、すっごくカッコよくて大好きでした。
2コ上の先輩はとにかく大人で、練習見てると、

「野球部を応援してくれてありがとね^^」って。

カッコイイ~

オイ、何だよこの差!!!

先輩たちはあんなにカッコよくて優しいのに同級生は・・・。



+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:.



そんな感じだったので私は自分の学校の野球部の試合は在学中、
2.5回しか見たことがありません。

1回は、1コ上の先輩の夏大。
コレは友達に、先輩の最後の試合が見たいから付き合って!と言われて。

もう1回は、1コ上の先輩の引退試合。
あ、これは身内同士の対戦だからカウントに入らないかな?
(1コ上の先輩に見に来て、って言われたから見に行っただけだし)

0.5回は同級生の最後の夏大。
同級生の野球部にはイジワル言われてばっかりでイヤだったけど最後の大会だったし、
近所の球場での試合で学校が終わってから行けそうだったから行ってみた。
でも、スタンドには入らなかった、何となく。
球場の外ウロウロしてたらさ、その球場の補助役員が商大付の1年生で
この頃はもう商大付Gに通ってたので補助役員やってたコに
スタンドに入ればいいじゃん!って言われたけど入らなかった。
なのでスタンドで試合を見てないからこの試合は0.5回でカウント。

結局、この日の試合で負けて私の同級生の高校野球は終わったんだけど
学校の近所の球場での試合だったから先生たちも結構見に行ってて
試合終わってからスタンドからゾロゾロと先生たちが出てきたときに

「先生たち、試合見に来てたの?」って言ったら、

「うん。あれ?お前、野球部のヤツと付き合ってたんだっけか?」 (だから応援にきたんか?)


はぁ?! 先生にまでそんなこと言われたらもう、うんざりだ・・・。
(野球部じゃなかったし!)


私の高校での野球部応援LIFEはそんな感じでした。
学校自体は大好きだったから野球部も応援したかったけど、
的外れな事を言われ過ぎて辟易していた。

だから表向きはそっけなくしてたけど、本当は応援してたよ。自分の学校、好きだったから。



+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:.



前置きが長い・・・^^;

なかなか、商大付野球部を応援する様になったきっかけ話しに辿り着かないな・・・。

こんなどうでもいいコトを読んで下さってる方、すみません・・・。


つづく・・・




テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付

応援するようになったきっかけ・その1 ~千葉商大付~

どーでもいいっちゃいい話なんですけど・・・


たまに聞かれるんです、「何で商大付(の野球部)なの?」って。

そう聞かれたらいつも、簡単に説明するのですが本当はもっともっと大きな思いがあります。
なので機会があったら応援する様になったきっかけを書いてみようかなと思っていたので
ちょっと書いてみます。

あ、“ちょっと” じゃ書けないから数回に分けて書きます。



+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:.



私の父親は大のジャイアンツファン

私が小さい頃はシーズン中は毎晩、ジャイアンツ戦のナイター中継があり
当然、父親はナイター中継を見る。
私は他の番組が見たい、けど見せてくれない。
よって野球中継がある日は自分が見たいテレビがみられない・・・

「野球なんて大嫌い!」

そう言い放って2階に上がり、1人で見たいテレビを見るけどそこはまだ子供。
1人で見るテレビってつまんない・・・。
結局、また家族の集まる部屋に行って

「野球のどこが面白いの?!」

と、隙をみては野球から他の番組に変えて、その度に文句タラタラ。

そんな私が初めて野球をちゃんと見たのは、
小学校6年生の夏休みに見た高校野球中継。
いつも見ている(見せられている?)プロ野球とは何か別のものに感じて
見ていたら、たまたまそれが青森の代表校の試合。
私の父親は青森の人なので、青森にはいとこも親戚もたくさんいる。

青森の学校か、ちょっと応援してみよっかな。

面白いもので、嫌々でも毎日野球見せられてると不思議とルールも覚えてる。

結局、応援していた青森の学校は負けてしまったけど、
その分、対戦相手のチームに次も頑張ってもらおうと思った。
(今だったら、応援していたチームが負けた対戦相手を応援するなんてコト考えないけど^^;小学生の頃は私も随分、素直だったのね・・・)
その対戦相手が次に試合したチームがPL学園。
当時は、どこの学校が強いとか人気があるなんて興味もなければ知りもしなかったので
そーいった知識なしに見てた中で、その試合で勝ったのがPL。

じゃあ今度は負けたチームの分もPLに頑張ってもらわなきゃ。

最終的に、その大会で優勝したのはPL学園。

応援するチームが勝つとすごく嬉しいんだという喜びを知った私は
それを教えてくれたPL学園のファンに。

で、高校野球を見る様になったのです。

ちなにみに、この時点ではプロ野球はまだキライでした。
中学に入ってからプロ野球も見る様になったのですが、そしたら父親がエラく喜んじゃって
中学のトキはよく、ジャイアンツ戦観に連れてってくれました。
ウチは私と妹の二人姉妹で、今は女の子のユニフォーム姿も珍しくはないけど
当時、野球は男の子のスポーツって認識だったから野球は出来ないけど
一緒に見に行けるようになったのが嬉しかったみたいです。

そんなキッカケで野球を見る様になり、
春と夏の高校野球中継を何よりも楽しみにしていた私の高校受験は
傍から見たら、フザけている!ものとして映っていた様です・・・って、
本人は至って真剣、本気だったのですが・・・。


高校野球に魅せられた私は、高校は絶対に野球部の強い学校に行って
甲子園で自分が通う学校の応援をする!ことを第一の目的として志望校を選択。
結果、迷いなく選んだ第一志望がPL学園。 (ここ、笑うトコじゃありませんので・・・)
中2のときだからまだ詰まったものではなかったし、
多分、親にも相談しないで提出したと思う。
そしたら担任に一笑にフされたと同時にエライ剣幕で怒られまして・・・

「自分の人生、何だと思ってんの?!もっと真剣に志望校選べや!!!」

・・・真剣に選んだんだけど・・・。

やっぱ、アレか・・・アレがあかんかったのか・・・中間の答案用紙に書いたアレ・・・



+++++



中学のトキ、私は清原和博という野球選手が大好きだった。

今でこそ私もこんな?!だけど中学のトキはそれなりにカワイイ性格だった、と思う。
で、ある時、試験の答案用紙の氏名欄に “清原” って書いてみた。
あとで自分の名前書くし・・・最後に書き直すし・・・って思いながらそのまま提出。
提出するときには “清原” って書いたことさえ忘れてた。
そして、答案返却の日。

クラス全員に答案が返ったけど、あれ?私だけ戻ってきてない・・・

「先せぃ・・・」って言いかけたら、

「何か、1枚ヘンな答案用紙が混ざってたんだけど・・・。ウチのクラスに清原なんて苗字のヤツ、いないよね?!」



いつも清原トークにつきあってくれてたサッカー部のケンケンの爆笑を引き金に、

やっちゃったねぇ・・・のクラス中の失笑は今も忘れられません・・・。



+++++



そんなお茶目?な事件があったので、清原の母校であり、
私が高校野球を見るきっかけとなった学校・PLに行きたいって言ったら怒られたんだ・・・
そう思ってたけど、とは言えさすがに親に大阪の学校に行きたいとは言えなかったので
ちょっと考えて、次に私が選んだ学校は・・・

帝京高校と拓大紅陵。

都内と千葉県内の学校、これなら先生に文句言われないっしょ!!!
それに、このどちらかの学校に通えば確実に甲子園に行けるし(*≧ε≦*)


「はぁ?!帝京と拓大紅陵って・・・
どっちも通うのに何時間かかると思ってんだよ!!!
そんなんで3年間通い続けられると思ってんの?!」


私が行きたいって言ってるんだからいいじゃん・・・


結局、私の高校受験はすべて担任の先生に仕切られ(ホント) 、
家から一番近い県立の、野球ではその名を聞いたこともない学校に通うコトとなったのです。

でもね、先生は私のことを考えて家から一番近い学校じゃないとダメだよ!
と言ってくれてたので、せめて拓大紅陵には行きたかったけど
(ドア to ドアで片道2時間以上はかかるけど・・・)
最終的には納得して行った学校です。

実際、私は高校が大好きだったしすごく楽しかった。


ちなみに、私が中学の頃は商大付も東海大浦安も男子校。

選択肢にさえ入らなかったワケです。


そんな経緯で近所の県立高校(チャリで15分)に進学した私でしたが、
商大付の野球部を応援するまでにはそこからさらに2年とゆー時間を要したのです。


つづく・・・




テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

tag : 千葉商大付