FC2ブログ

令和最初の! ~新日本プロレス~

7月~!




CIMG3721_convert_20190701102108.jpg





今月の新日本プロレスのカレンダー・・・・・ 日付部分、切れちゃった



なぜに写真風イラスト・・・・・? イラスト風写真?



色合いは夏っぽいけどイラストじゃなくて

何かもっとこう、恰好いい選手たちのお姿を写真でドーン!してほしかった・・・・・




















CIMG3718_convert_20190701102036.jpg





こ~んな感じで~ 6月のカレンダーのYOHくんとSHOくん





+++



カレンダーはちょっとゴニョゴニョ・・・ だけど

新日本プロレスの7月は年間最大シリーズ、G1 CLIMAXがスタート

今年は7月6日(土)、アメリカ・ダラスで開幕


日本での開幕は7月13日(土)の大田区総合体育館!

そこから北は北海道、南は福岡まで全国各地で熱戦を展開したのち

ラストは日本武道館3連戦!

熱戦を締めくくる優勝決定戦が行われる8月12日(月)まで

今年も思いっきり楽しみながら応援し~よ~っと





G1 CLIMAX29 ~真夏のライオンキングダム~ 


 出場選手 


Aブロック

オカダ・カズチカ IWGPヘピー級王者 NEW JAPAN CUP2019 優勝 Numberプロレス総選挙 3位

飯伏幸太 Numberプロレス総選挙2019 5位

棚橋弘至 Numberプロレス総選挙2019 1位

ウィル・オスプレイ IWGP Jrヘビー級王者、BEST OF THE SUPER Jr26優勝 Numberプロレス総選挙 22位

EVIL Numberプロレス総選挙2019 23位

SANADA NEW JAPAN CUP2019 準優勝 Numberプロレス総選挙2019 4位

ランス・アーチャー

ザック・セイバーJr ブリティッシュヘビー級王者 Numberプロレス総選挙2019 55位

バッドラック・ファレ

KENTA Numberプロレス総選挙2019 96位






Bブロック

内藤哲也 IWGPインターコンチネンタル王者 Numberプロレス総選挙2019 2位

鷹木信悟 BEST OF THE SUPER Jr26 準優勝 Numberプロレス総選挙2019 12位

ジェイ・ホワイト Numberプロレス総選挙2019 28位

後藤洋央紀 Numberプロレス総選挙2019 44位

矢野通 Numberプロレス総選挙2019 71位
 
石井智宏 NEVER無差別級王者 Numberプロレス総選挙2019 18位

ジュース・ロビンソン 

ジェフ・コブ

タイチ Numberプロレス総選挙2019 20位

ジョン・モクスリー IWGP USヘビー級王者






私の優勝予想(というか希望)は


Aブロック代表SANADA選手


Bブロック代表ジェイ・ホワイト選手


で、


優勝は・・・・・



















ジェイ・ホワイト選手    で~す 



まじでガチでほんまにジェイくん優勝して!!!!!!!!!!









私、出場選手が発表されたときからBブロックの試合が楽しみで楽しみで



1番楽しみなのは今年、WWEを退団して新日本に参戦したモクスリー選手 

先月、6月5日(水)の両国国技館大会で新日本プロレスに初参戦ながら

IWGP USヘビー級王座に挑戦し、見事戴冠したモクスリー選手

私はモクスリー選手のWWE時代を知らないし

新日本に参戦してからの2試合しかまだ見てないけど、なんか・・・・・





正義な悪のアニキ





感じじゃない?



あんなに悪ぶってるのに相手に対するコメントが、





めっちゃ優しい うう、このギャップが・・・・・





なんて言うか、正義が強すぎて悪になっちゃったけどみんなが慕ってついてくる、










正義で悪な魅惑のアニキ










とでも言いましょうか





この夏は、日本で闘うモクスリー選手の試合を思いっきり堪能します





あと先日、私の最推し・柴田勝頼選手がヘッドコーチを務める新日本プロレスLA道場でトレーニングを積んだのち帰国、

心身フル充電で今年のG1に挑む後藤選手にもめっちゃ期待してます





それと、

こちらはG1出場選手ではないけれどLA道場・柴田ヘッドコーチの愛弟子で

今年のG1シリーズで日本デビューを果たすカール・フレドリックス選手クラーク・コナーズ選手

両選手は今回、G1初出場で柴田選手の大親友・KENTA選手の前哨戦タッグパートナーとしての出場だけど、活躍次第ではこのまま日本での継続参戦もあるかもということで、

フレドリックス選手コナーズ選手にとってはこれ以上ないチャンス!

是非とも大きな爪痕とド派手なインパクトを残して
実りある日本デビューシリーズにしてほしいです




スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス G1 柴田勝頼

涙、涙のG1 CLIMAX27両国大会 ~新日本プロレス~

8月11日(金)山の日 天気 


新日本プロレス G1 CLIMAX27・第17戦 

両国国技館大会(3連戦・初日)@両国国技館 *試合前編



わかりにくい書き方でごめんなさい

G1 CLIMAX27は全部で19戦あって最後の3戦(3日間)が
両国国技館で行われました。
その両国国技館大会の初日に私、参戦して参りました

出場選手20名がA、Bブロック各10名に分かれトーナメント方式で闘い
それぞれのブロックの勝ち点1位の選手が優勝決定戦にて試合を行い
その勝者がG1覇者となります。

最後の3戦、両国国技館大会3連戦は初日がAブロック代表決定戦。
2日目がBブロック代表決定戦。
3日目、最終日が優勝決定戦。

ブロレスビギナーファンの私にとって今回が初めてのG1観戦でした。

初めてのG1だし一度見に行ってみようかな、という感じでチケットを買いに行ったのが
かれこれ2ヶ月前、6月中旬でした。
開幕の約1ヶ月前です。
本当は両国大会ではなくて他の会場での試合に行きたかったのだけども
すでにチケットが売り切れで(恐るべしG1・・・)
それなら両国でいいや!という感覚で買ったチケットでした。
私は水道橋にある新日本プロレスのオフィシャルショップ・闘魂ショップでチケットを買ったのですが
闘魂ショップでチケットを買うと席が選べるのね。
と言っても全席の中からではなく
闘魂ショップ販売分として闘魂ショップに割り当てられた席の中からなのですが、
席が選べるのは魅力的なのでこちらで買いました。

他にも後楽園ホール事務所とぴあでも窓口販売所によっては座席指定が出来るよ。

チケットを買いに行った6月中旬、原因不明の腰痛に見舞われてまして
立つ、座るの動作の度に激痛が走る始末で1ヶ月ほど苦しみました。
これまで腰痛なんて経験が無かったのだけれどもあんなに大変だとは・・・。
とにかく何をするにも腰に激痛が走る。
立つ、座るはもちろん、歩くこともままならず走るなんて絶対に無理。
着替える、靴を穿く、物を拾う、顔を洗う、お風呂、お手洗い・・・
すべて激痛を伴う作業となるため普段の2倍、3倍の時間がかかる(本当)。
何気に不便だったのがお買い物に行ったときに
自分の腰の高さより下に置いてあるものが取れない( ;∀;)
これは情けなかったです。
結局、病院に行かなかったので(行け)原因は不明ですが、
1ヶ月そんな状態で激痛を我慢しながら生活するという荒療法?の末、
なんとか治った模様。
今はケロッと何事もなかったかのように日常生活を送ってますが
1ヵ月間、本当に大変でした。
もう二度と経験したくない。

話しを元に戻します。
そんな腰の状態のときにG1のチケットを買いに行ったので
(腰痛くてもG1のチケットは買いに行くのかYO!
1階の桝席は絶対に座れない、座れたとしても4時間近くも座っていられないと思ったので
今回は2階の椅子席のチケットを取りました。
椅子なら背もたれもあるし!

両国の座席表を前に
闘魂ショップのスタッフさんにいろいろとご教授いただきながらながらチケットを購入。
闘魂ショップのスタッフさん、その節はお世話さまでした^^

あ、砂かぶり席(リングサイド)も椅子席なのですがこちらの席は
ファンクラブ先行販売ですでに完売。
私はまだファンクラブには入っていません


そんな経緯でG1のチケットを購入したものの、
この時点ではG1の出場選手はまだ発表されていませんでした。
毎年見ている方だとだいたい出場選手の予想がついたりするのだと思いますが
私の様な超ビギナーファン、今年初めてG1を体験するようなファンは
何の予備知識もないため日程とか出場選手の予想も何もあったものではないので
正直なところ適当に両国大会を選んで何となく3連戦の初日のチケットを買ったようなものでしたが
結果として私的にはこの日のチケットを購入したことは正解でした



6月中旬にチケットを購入後、6月20日に今年のG1出場選手20名が発表となりました。

出場選手中、一番のサプライズは飯伏幸太選手(飯伏プロレス研究所)の参戦!
飯伏選手以外の19名はすべて新日本プロレスの所属選手だったので
(SANADA選手はフリー?)
他団体から参戦する飯伏選手への注目度はかなり高いものでした。
過去、新日本プロレスに所属していた時期もあった飯伏選手。
今回、久し振りの新日本参戦ということで名前が出たときの会場の盛り上がり具合が
その期待の大きさを表していました。



6月26日、A、Bブロック分けの発表。

後藤洋央紀選手、飯伏選手がAブロックに入ったことで
個人的にはAブロックの試合の方が楽しみに
そしてここで、セオリーならば両国3連戦の初日にAブロックの最終戦、
2日目にBブロックの最終戦、3日目に優勝決定戦となるはず!と気付き、
私がチケットを買った両国大会初日はAブロック公式戦の日!
後藤選手、飯伏選手の試合が見られるということで歓喜*\(^o^)/*
していたのですが、この翌日!



6月27日各大会の主要カード発表

正直この発表はあまり気にしていなかった私でしたが
各日2試合の目玉カードが発表されてみたら
なんと、なんと!!!!!
8月11日の主要カード、棚橋弘至VS内藤哲也 (んー、もう今年3度目だなこのカード(^_^;))

そ、そしてもう1試合がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!



後藤洋央紀VS飯伏幸太



マジかー!!!!!*\(^o^)/*



試合当日まで1ヶ月半の時間があったけれども今年のG1が
本当に本当に楽しみになった瞬間でした(^▽^)



けど・・・後藤選手と飯伏選手の対戦、私はどちらを応援するのさ・・・?





そして1ヶ月半後・・・





2017-08-11.jpg





両国へ!!!

駅を降りたら各々の推し選手のTシャツを着たファンの方がたくさん!


試合開始時刻が18時半、開場が17時。

その前に開場前売店があったので15時半頃に両国に行きました。

国技館の前に行ったら、





2017-08-11-1.jpg





新日本プロレスの選手バスがちょうど到着!!!

両国大会の幸先良いよー!嬉しい!!!


ここにも映っているけれどもやっぱりロスインゴのTシャツ姿の人多い!




2017-08-11-3.jpg





そして両国国技館に到着^^

初めて来ました、両国国技館。

グッズ販売が始まっていたので国技館前はすでに大盛り上がり。

正面に立っただけでワクワクがMAXでした(≧∇≦)

開場前売店は入場券がなくても国技館に入ってグッズを買うことが出来ます。

入ってすぐのところで販売していて
そこから先のスタンドには開場前のため当然まだ入れませんが
グッズ購入だけだったら入場券がなくても国技館に入って買うことが出来ます。





2017-08-11-4.jpg





髙橋ヒロム選手のパレハのダリル

ダリルを手にしたファンの方もたくさんいらっしゃいました^^

ダリル、可愛いよね


実はダリルはG1大会中にファレ選手によって破壊されてしまったのですが、
この数日前に髙橋ヒロム選手が、ただ今ダリル治療中!と
ダリルの復活を示唆するツイートをしてファンの間では話題になっていました。
この日、ダリルの復活はありませんでしたが
両国最終日に見事?ダリル復活しました! ダリルが復活してヒロム嬉しそうだったねー!

こちらのファンの方はヒロムのダリル治療中ツイート写真と同じように
ダリルに包帯を巻いて忠実に再現されてます。お見事^^





2017-08-11-5.jpg





このバナーの前で写真を撮っている方もいらっしゃいました





2017-08-11-30.jpg





国技館内のグッズ販売所は開場前から大盛況。

こちらは売上NO.1を誇るロスインゴグッズのブース。


今回私が買った新日グッズはうちわ

新日本のライオンマークうちわともう1つ、
オカダ・カズチカ選手のうちわとロスインゴのうちわ、どちらにしようか迷っていたらスタッフさんが

「ロスインゴのは一番人気ですよ^^」

やはり 

んー・・・、ロスインゴにしようかな・・・と思ったときに目に入ったのが

CHAOSのうちわ。

あ!後藤選手の写真もプリントされてる!ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

これ持って今日の後藤選手の試合応援しよ!と思い予定外(とか言ってゴメンナサイ・・・)

CHAOSのうちわを買っちゃいました(*⁰▿⁰*)

が!

試合中はカメラを構えていたので結局うちわを持って応援するには至らず


*ちなみにロスインゴ(LOS INGOBERNABLES de JAPON)やCHAOSというのは
 新日本プロレス内のユニット名です。
 他にバレットクラブ、鈴木軍など。
 どのユニットにも属さない選手は本体。





2017-08-11-24.jpg





こちらは本体選手のグッズ売り場。

他団体の飯伏選手のグッズは本体選手グッズ売り場に陳列。

ちな、





2017-08-11-31.jpg





飯伏選手のTシャツ買っちゃった*\(^o^)/*


嗚呼これで私、新日本のTシャツ今年に入って何枚買ったんだろ( ;∀;)

えーと・・・





6枚目 


でもね、好きな選手のTシャツって欲しくなるものなのさ((♡▽♡))




2017-08-11-2.jpg





この日の両国国技館には柴田勝頼選手のザレスTシャツ、
テクオバTシャツ、ザレスタオルを手にしたファンの方もたくさんいらっしゃいました。

私の大好きな柴田選手は現在病気療養中につき欠場しています。


こちらの方も柴ちゃんのTシャツ来てる^^

見たときにとても温かい気持ちになりました。

柴ちゃん、ゆっくりでいいよ。ファンはみんな信じて待ってるからね





2017-08-11-6.jpg





G1の優勝トロフィーとA、Bブロックの星取り表。





2017-08-11-7.jpg





この日のメインは棚橋弘至VS内藤哲也。

この試合の勝者が翌々日の優勝決定戦に進出します。

後藤選手と飯伏選手を応援していた私は
両選手がトップ争いから脱落したときは本当にショックだったけど
それでもお二方とも最後まで諦めない!と言っていて
その前向きな言葉はファンに希望を与えてくれました。

永田裕志選手にとっては今回を最後にG1引退を表明して臨んだ大会でした。

G1初出場のザックセイバーJr選手は独自のプロレススタイルを存分に発揮して
Aブロック内を面白いようにかき回してくれました。





2017-08-11-8.jpg





BブロックMVPは、EVIL選手じゃないですか?!

それまで今大会全勝街道を邁進していたIWGPヘビー級王者 オカダ・カズチカ選手から
勝ち点を挙げる大金星のインパクトは相当なものでした。
その証拠に先週の週刊プロレスの表紙を飾ったのはEVIL選手でしたから。
これからのEVIL選手の活躍に期待です!


マイケル・エルガン選手とオカダ選手の試合も良かった!
試合には負けてしまったけれどもエルガン選手にとってこの一戦は
さらなる飛躍のきっかけになるのでは。
最後までパワー切れすることなく闘い切ったエルガン選手の姿に心打たれた試合でした。


初出場のジュース・ロビンソン選手は初戦で膝を故障したことが大きく響き
ご本人の納得のいく結果を得られなかったことと思います。
毎試合、足を引き摺って入場する姿が痛々しくて途中で出場辞退するかと思いましたが完走。
若い選手なのできちんとケガを治して今後に備えて欲しいところです。


SANADA選手は個人的に期待が大きかった分、期待外れの結果となってしまいました。
それでもいつ爆発するのかと今後も目が離せない選手。


Bブロックの方は私が両国に行った翌日(8月12日・両国大会2日目)の
最終戦でオカダ選手とケニー・オメガ選手が対戦し
ケニー選手がイッテンヨン、6月の大阪城ホールでのオカダ戦の屈辱を晴らし、
3度目の正直でオカダ選手に勝利して優勝決定戦へと進みました。





2017-08-11-9.jpg





ヒロム~(≧∇≦)





2017-08-11-10.jpg





後藤さ~ん(//∇//)



このあと16時半に一度、国技館から締め出されます(言い方・・・)

開場前売店は入場券を持っていない方も国技館ロビーにてグッズが買えるので
16時半で一度グッズ販売を閉めて外に締め出され17時に開場となりました。


そして・・・





2017-08-11-14.jpg





いざ、国技館内へ!





2017-08-11-16.jpg










2017-08-11-11.jpg










2017-08-11-13.jpg










2017-08-11-12.jpg





2階の最上段に上がって撮ってみました。


後楽園ホールもそうだけどどこに行っても会場の真ん中にリングがあるとなんでこんなに
ワクワクするんだろ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

この日、国技館のスタンドに立って真っ先に思ったことは柴田勝頼選手のことでした。

今年4月9日、SAKURA GENECIS両国大会のメイン、

IWGPヘビー級選手権試合 王者 オカダ・カズチカ VS 挑戦者 柴田勝頼 

3月に開催されたNEW JAPANCUPで優勝した柴ちゃんが
4月の両国大会でのIWGP戦への挑戦権を獲得しました。

今も後悔しているのがこのときの両国大会を見に行かなかったこと。

30分を超える激闘の末、敗れた柴ちゃんはリングを降り、
ヤングライオンがサポートしようと差しのべた手を振り払いフラフラになりながらも
ひとりで歩いて花道を退場しました。
直後、バックステージに向かうときに倒れそのまま救急車で病院に搬送。

このとき私はタイムラインで両国大会の試合状況を見ていて
柴ちゃんがカズくんに負けたことを残念に思いながらも
そのまましばらくTLを追っていたら現地観戦してい方が

「帰ろうと思ったら国技館に救急車が停まったんだけど・・・何だろ?選手?」

あっと言う間に救急車ツイートでTLがいっぱいに。

現地で見ていた方はこの日、髙橋ヒロム選手とIWGPジュニアヘビー級選手権試合を闘った
KUSHIDA選手の状態を心配する声が多くて

「まさか柴田じゃないよな。自分で花道歩いて帰ってったし」

柴ちゃんの状態を心配する声はごく少数。

その後、ヤングライオンの岡選手が血相を変えて裏口から出て来て救急隊員を
国技館内へと誘導していたという情報があったけれども結局、
誰が運ばれたかなどはわからず。
翌日になって前日の両国大会後に救急車で搬送されたのは柴ちゃんだったことがわかり、
病院搬送後、硬膜下血腫と診断され直後に5時間にも及ぶ手術が行われたこと、
手術は成功したとの報道で安心したものの病気が病気なので気が気じゃなくて・・・。

その後、再手術、退院と言った断片的な情報を知ることしか出来ず
それから4ヶ月後に私は柴ちゃんのいない両国国技館へ。
本当だったら柴ちゃんもG1に参戦してたのにね。

国技館の中に入って、この景色を4ヶ月前に柴ちゃんも見ていたのかと思ったら
何とも言えない気持ちになりました。



その、私が大好きな柴田勝頼選手
G1両国大会の最終日8月13日に4ヶ月振りでファンの前に姿を現わしました!!!!!
柴ちゃんの入場曲・TAKE OVERが流れると両国国技館は大歓声と柴田コールに包まれ
その中を柴ちゃんがしっかりとした足取りで登場。
リングに上がるといつもはクールな柴ちゃんもこのときばかりは感無量、
目元を抑えつつも笑顔を見せてひとこと、 「生きてます!以上!!!」
よかった!!!本当によかったよ!!!!!!!!!!
復帰とか待ってる!とか、まだそう言うことを言ってよいものかという状況だけれどもこれからも
大好きで応援する気持ちは変わらないからね。






2017-08-11-15.jpg





開場直後、ファンの方々が応援幕の準備。

この日もたくさんの応援幕が出ていたので写真を撮って回ってたのだけれども

後藤選手の応援幕が撮れてなかった・・・





2017-08-11-17.jpg










2017-08-11-18.jpg










2017-08-11-20.jpg










2017-08-11-21.jpg










2017-08-11-22.jpg










2017-08-11-23.jpg










2017-08-11-19.jpg










2017-08-11-26.jpg





オープニング前にかつて新日本プロレスの副社長を務めらておられ
先日亡くなられた倍賞鉄夫さんの追悼テンカウントがありました。





2017-08-11-25.jpg





永田裕志選手、棚橋弘至選手、小島聡選手、真壁刀義選手。

現役選手がリングをぐるっと囲む形での追悼式となりました。





2017-08-11-28.jpg





岡倫之選手、八木哲大選手、成田蓮選手、デビッド・フィンレー選手。

フィンレーくんの後ろのTシャツ姿の選手、誰や?( ;∀;)





2017-08-11-27.jpg





北村克之選手、川人拓来選手。

私、川人くん大好きなのですが
川人くんの試合写真、ちゃんと撮れてるのが無かったのでこの日一番の川人くん写真がこちらになります(ღˇ◡ˇ)






2017-08-11-29.jpg





その後オープニング。


G1のオープニングは歴代G1覇者のVTRが流れたあと
いつも通りの新日本プロレスのオープニング、
テレ朝のワールドプロレスリングのオープニング曲に合わせて
観客の大手拍子の中始まりました。

この観客全員で大会のスタートを盛り上げるオープニングが私は大好きでいつも泣いてしまう。



オープニング後、いよいよ両国大会がスタート!





+++



オマケ



2017-08-11-32.jpg





開場後、鈴木軍のグッズ売り場で鈴木みのる選手がサイン会してました。

世界一性格の悪い男がキャッチコピーのみのる選手。

私も応援している選手とみのる選手が試合をする度に
あらゆる手段を使ってコテンパンにされる姿を苦々しい思いで見ているため
正直あまり良いイメージはないのですけれどもプロレスの技術は確かだし
とても人気のある選手です。

で、この日初めて目の前でみのる選手を見たのですけれども
いや、めっちゃオトコマエだった!!!
サイン会だからね、当然試合時のような闘志むき出しの姿ではなくて穏やかな表情で
ファンの方と接しているみのる選手、カッコよかったなー

ただ、このときサインしてもらってた方、ロスインゴのTシャツ着てるから
少し心配になったよね~ みのる選手はこの方にやさしく握手しておられました^^




テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 柴田勝頼

私の1位は揺るがない! ~新日本プロレス~

みなさま、Nnmberプロレス総選挙の投票はお済みでしょうか? 



ん?

プロレス総選挙ってこの前テレ朝で放送してなかった?

と思われた方!

違います!そのプロレス総選挙とは別物なのです。

今年3月にテレ朝さんで放送されたプロレス総選挙は

現役、引退選手の中からこの選手が一番だ!!!

と思う名前を上げるというものだったのですが、

現役、引退選手を一緒に括ってしまったが為に賛否の嵐を巻き起こす事態に・・・

同時に、私投票してないのにいつの間にこんな企画が?

どこで誰が投票してこの順位が決まったの?
(プロレスの試合会場でテレ朝のスタッフさんが聞き取り調査して集計した順位だったらしいです)

などなどプロレスファンからの不満が噴出したものとなってしまったのですが、

Numberプロレス総選挙

現役プロレスラーの中から今現在あなたが最高だと思う選手を選んで投票して下さい!

という、プロレスファンならだれでも投票できるというコンセプトの下行われてます。


と言うことで私にも投票権が! ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ


4月から投票が始まってこれまで3回中間発表があったのですが、

1位はダントツのあの選手!!!

でもあの選手さん、テレ朝のプロレス総選挙ではおかしな話し、
発表された20位の中には入ってなかったんですよ、
2016年のプロレス界で最も神ってた選手だったのに。
これはあの選手のファンの方にとっても悔しいものだったと思われその分、
今回のNumberプロレス総選挙にファンの皆さんも想いを託していることとおもわれます。

投票締切は5月31日。


Numberプロレス総選挙最終中間発表 


実は私、まだ投票してません

1位は決まっているのですが2位、3位を誰に投票しようか迷ってて(๑-﹏-๑)

と、のん気なことを言っている時間もなくなってきたのでそろそろ投票しないと

2位は・・・ヤングライオンのあの選手にしようかな(*´꒳`*)

3位は・・・ただ今【旬】中の旬なあの選手か、海外修業中のあの選手かで悩んでる・・・


あ、もちろん!オカダ選手棚橋選手も私は大好きです

けれども投票しないのは私1人が投票しなくても
お二人にはたくさんの票が集まることがわかっているので
それだったら私はこれからのプロレス界を背負っていくであろう
期待する選手に投票しようかなと思いまして(๑•̀ㅂ•́)و✧

ちなみに今回のNumberプロレス総選挙で1位を獲得した選手は
7月発売のNumberプロレス特集号の表紙を飾るそうです

10位以内に入った選手は記事にて取り上げてもらえるそうです!

私の1位選手は現在8位。 もっと上にいてもおかしくない選手なんだよー!!!

残り期間少ないけど最後に私の投票で柴ちゃんを1位に押し上げるぞー!!!!!



*下のフォームから投票出来ますので興味がある方はどぞ(^▽^)
Numberプロレス総選挙





+++



えっと、5月29日(月)のBOSJ後楽園ホール大会に行かれる方いらっしゃいますか???


6月3日(土)のBOSJ決勝を前にリーグ戦も大詰めの5月29日ですが、

5月29日のカードがカードなんです!!!!!!


BEST OF THE SUPER Jr.24 5月29日の対戦カード


この日はBOSJの公式戦はもちろんのこと、
IWGPヘビー級王座 オカダ・カズチカ選手が6月11日の大阪城ホール大会に向け
1ヶ月振りでリングに戻って来ることも注目されていますが、
ある意味私的にはそれ以上の注目カードが第二試合に組まれてるのー*\(^o^)/*



川人拓来 リコシェ ジュース・ロビンソン

             VS

髙橋ヒロム EVIL SANADA 



はい(≧∇≦) 本体VSロスインゴの6人タッグですけれども、

本体メンバーに川人くんが入ってる!!!!!YO


すごい!スゴイ!!!

デビュー2年目の川人くんにとってこの試合が現在の新日本プロレスで
人気、実力共にナンバー1の
LOS INGOBERNABLES de JAPONとの初対戦となるわけですけれども
川人くんファンとしては、あー、ここまで上がってきたんだね(ღˇ◡ˇ)
と、そんな気持ちです。

ただ今、ヒロムIWGP Jrヘビー級王座
EVIL、SANAさま(とBUSHI選手)はNEVER6人タッグ王座に君臨する実力者。

今回はお試しカードなのだろうけれどもそれでも川人くんにとってこの試合、
リコシェ、ジュースと組めたことも含めいろんな意味で大きなチャンスなので
全力でぶつかって行ってくれることと思います!


川人くんヒロム、EVIL、SANAさまと試合するんだー(ღˇ◡ˇ)
ホントに楽しみだなー(*´꒳`*)♡


29日に後楽園ホールに行かれる方、
川人くんの応援、私の分もどうぞ宜しくお願いします!





テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 柴田勝頼 新日本プロレス 川人拓来

私のプロレス総選挙 2017☆ ~新日本プロレス~

超ビギナー新日ファンの私プロレス総選挙やっちゃいます!!!


*新日本プロレスの現役選手限定です

*私目線の個人的総選挙と言うことを念頭にゆるゆるっとご覧下さい





+++



2017 新日本プロレス 私プロレス総選挙 


1位 柴田勝頼選手
柴ちゃんの試合を見てからの今のこの現状なので
1位の順位は揺るぎません!!!


2位 オカダ・カズチカ選手 IWGPヘビ-級王座
時代を代表するプロレスラー。
今年のイッテンヨンの死闘を見たのが決定打となりました(๑•̀ㅂ•́)و✧
ケニー・オメガ戦は現時点で私のベストバウトです!


位 棚橋弘至選手
リング以外でのタナの活躍を見ていて少しずつプロレスにも興味を持つようになったので
言うたらタナは恩人です。
タナのプロレス界への貢献度は計り知れない。


4位 髙橋ヒロム選手 IWGPジュニアヘビー級王座
スピーディで鮮やかな技を次から次へと繰り出すヒロムの試合大好き
チャンピオンベルトを大切に扱う姿勢と
ふとした瞬間に見せる表情とキャラ的立ち居振る舞いの美しさに魅了されてます。



5位 SANADA選手 IWGP NEVER無差別級6人タッグ王座
SANADA選手のシングルマッチ、まだ見たことがないのですが
タッグ戦で見せる身体能力の高さにシングル戦観戦の興味をそそられます。
今熱戦中のNJCでの上位進出を心から期待していたのですが、
昨日の石井選手との対戦に敗れ4強進出ならず・・・NJC敗退となりました。
昨日の試合に勝っていたら準決勝で柴ちゃんと対戦することが決まっていたのですが
柴ちゃんは昨日の結果により準決勝で石井ちゃんと対戦する事が決まりました。
柴ちゃん VS SANADA見たかったな・・・。
それ以前に思いの外NJCのSANADA敗退ショックが大きくて立ち直れません・・・(´;ω;`)



6位以降の順位はガチ僅差(>_<)
皆さん好きなプロレスラーです。
順位はつけられないので順不同の同率6位とさせてもらいます



6位 内藤哲也選手 IWGPインターコンチネンタル王座
努力家の苦労人です。
やっと見つけた自分の居場所、漸く築けた自分のプロレス。
新しいヒール軍団を見せてくれる姿がとても眩しいです。


6位 田口隆祐選手 タグチジャパン監督
飛ぶ鳥を落とす勢いのタグチジャパン
今年のイッテンゴで結成(田口監督&棚橋選手&中西学選手)されたと同時に
ロスインゴからベルトを奪い6人タッグ王者に!
王者になってから、

「え??ベルト獲っちゃったけどユニット名どうする??」

そんな状況からスタートしたタグチジャパンが今や押しも押されぬ人気ユニットに!
因縁の相手・ロスインゴのパクリ・・・いえ、オマージュパフォーマンスも完璧!
こんなプロレスの楽しみ方もあるんだなー
そんなことも教えてもらいました。
現在は王座から陥落してしまいましたが
今後はユニットの壁を越えてメンバーを招集すると監督が断言してますので
新しい風を期待してそのあたりからも目が離せない(≧∇≦)
そんな監督が3月6日にヒロムに挑んだジュニアのタイトル戦。
負けてしまったけれども感動しました。
これ、再戦もあるかな?
そのときは是非、五・七・五でチャンピオンに挑戦表明お願いします(^▽^)


6位 後藤洋央紀選手 IWG PNEVER無差別級王座
柴ちゃんと高校の同級生で同じレスリング部に所属していた殿。
今年のイッテンヨンで柴ちゃんをNEVER王座から引き摺り下ろした選手、
と言う理由だけで実は嫌いだったのですけれども(子供じみた理由
殿のファンの方がとてもたくさんおられるので何で?と思って
きちんと試合を見てみたところで納得しました。
試合運びの上手さと使える技の豊富さ。
毎度、力のこもった良い試合をしていてその中に人の良さも滲み出ている。
過去に柴ちゃんと桑工コンビでタッグも組んでたんだね。
けど殿がCHAOSに入っちゃったから
もう桑工コンビの再結成はないのかな・・・。
小松選手、田中選手が無期限の海外武者修行に出るときに殿が、
「どんなに気をつけていても必ず現地の水には当たるんだから最初から当たりに行け」
って助言したエピソード好き。


6位 EVIL選手 IWGP NEVER無差別級6人タッグ王座
EVILもねー、最初嫌いな選手だったの。
何故なら昨年、柴ちゃんからNEVER王座を奪ったから。
このときは柴ちゃんがすぐにリベンジ表明して10日後に王座奪還したんだけど
どうにもEVILの戦法が好きになれなくてずっと苦手な選手だった。
今でこそダークネスの国王様となったEVILだけど
ヤングライオン(新日のデビュー間もない選手たちのこと)時代のEVILがめっちゃ良い子なんです・・・。
ヤングライオン時代のEVILの動画を立て続けに見てしまったら
嫌いとは言えなくなった・・・。
実はヒロムもそう。
EVILとヒロムは入団時期が近かったからヤングライオン時代は一緒に映っていることが多くて
二人が一生懸命に練習して一人前のプロレスラーになることに励む姿を見ていたら
最初からヒールだった選手なていないんだよなぁ、って。
唯一無二、自分にしか出来ない自分だけのキャラを確立して
プロレスラーとしての道を歩んで行くために選んだ姿なんだな、って。
だからこれからはひとりのプロスラーとしてEVILを応援します。

ただ、試合が終わったらダークネスメイクはすぐに落としてー!
目の下の色素沈着、本当に心配してるので(>_<)
(大きなお世話だけどBUSHI選手の黒リップも(>_<))


6位 YOSHI-HASHI選手
まだきちんとシングル戦を見たことがないのですが
先日のニュージャパンカップ公開記者会見でのSANADA戦への強い意気込みを聞いて
こんなに熱い気持ちの持ち主の選手だったのか!と思いましてそこからです。
YOSHI-HASHI選手は最初に受けた入団テストで落とされて、
2度目のテストでも落とされたもののそのときの3位合格の選手が入団を辞退したので
5位だったYOSHI-HASHI選手が繰り上げ合格に。
このときの4位がヒロムだったんだけど4位のヒロムではなく、
5位のYOSHI-HASHI選手が合格。
その理由はYOSHI-HASHI選手が過去に入団テストを受験していたから、だったそうな。
各々の入団経緯にもまた運命がありますね。


6位 ヤングライオン
デビューしたばかりの新日本プロレスの若手選手たち。
リングデビューしてから海外修業に出るまでの期間、こう呼ばれるんかな?
(デビュー前の選手は練習生と呼ばれてます)
現在は川人拓来選手、金光輝明選手、ヘナーレ選手、岡倫之選手、北村克哉選手、
5名のヤングライオンがいますが金光選手(頸椎損傷)、ヘナーレ選手(アキレス腱損傷)は
現在ケガにより欠場中です。
ヤングライオンは第一試合、第二試合に登場します。
ヤングライオン同士で対戦したり、ベテラン先輩とタッグを組んで試合させてもらったり。
前者はいわゆる前座試合と言われるようですが、でもね、
新人選手がダッシュで花道を駆け抜けてリングに上がって闘う姿は
前座なんて言うのが失礼なくらいに心打たれますよ、ほんと。
そして自分の試合が終わったらジャージに着替えてリングサイドで
以降の試合のセコンドについて試合のサポート。(兼、先輩の試合を見てお勉強)
場外乱闘になったときは観客の安全を守るために壁になり、
ときには場外戦のとっばっちりを受けたりと休む間もなく動いてます。
なので常にリングサイドにはヤングライオンがいるので

試合を見てると必ず視界にヤングライオンが入る毎度羨望の眼差しで先輩の試合のセコンドにつくヤングライオン早く一人前の選手になれるといいね、ガンバレ!応援するようになる

てことでヤングライオン、みんな応援してます(๑•̀ㅂ•́)و✧



以上、超ビギナーファンによる2017 私プロレス総選挙でした(^▽^)

来年、順位の変動あるかなー?



各選手の公式プロフィールはこちらからどぞ新日本プロレスHP 選手プロフィール




テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 柴田勝頼 髙橋ヒロム オカダ・カズチカ SANADA 川人拓来

WBCとプロレス総選挙

トーナメントって残酷・・・ 



野球で見慣れているはずのトーナメントですが、

プロレスのトーナメント試合を見るのは今回のNEW JAPAN CUPが初めて。
何せ超ビギナーファンなので

組合せが決まってから楽しみで楽しみで仕方なくて

ずっとトーナメント表を見てニタニタしてたのに

いざ始まってみたらあまりの残酷さに泣いてる(´;ω;`)


負けたら終わりのトーナメントの厳しさをひしひしと感じてます・・・(´;ω;`)





+++



第4回ワールドベースボールクラシック
侍ジャパンは予選リーグを6戦全勝で決勝トーナメントに駒を進めました

こばこばがここにきて覚醒し、ラッキーボーイと呼ばれ大活躍してますが、
WBC終了後に燃え尽き症候群にならないか、ペントレースは大丈夫かと
今から心配なGファンであります
ただ、この調子でシーズンも闘えられれば【WBCのラッキーボーイ】ではなく、
真の日本を代表する選手とゆうことが証明されることになるので
こばこばにとっては今シーズンが本当に勝負の年になってきます。
これまでイケメンばかりがクローズアップされてきたこばこばですが
WBCを経て今シーズンは大きく飛躍してくれることに期待したいです!


ところで先日、WBCの放送終了後にプロレス総選挙が放送されたのを御存じでしょうか?

プロレス総選挙は当初、20時58分から放送開始が予定されていましたが
19時に野球の試合が始まって、野球中継を試合終了まで放送する言うてるのに
20時58分から予定通りに次の番組が放送されるわけもなく、
まあまあ当然のごとくプロレス総選挙の放送時間がずれ込むことに。


とは言え、

まさか日付が変わってから放送されることになるとは思わなかったよ(((((( ;゚Д゚)))))



この件に関しては、野球中継の延長が明確な中でこの時間設定は・・・
など物議を醸していましたけども逆にそれによって注目を浴びることにもなったので
悪いことばかりではなかったかなー、とも思います。
その証拠に深夜の放送(0時13分からの放送開始、終了時刻2時半過ぎ)
になったにもも拘らず平均視聴率が4,8%
今現在のという観点に於いてのプロレス関連番組としては大健闘の数字じゃん!!!

けれども放送を楽しみにしていたちびっ子プロレスファンにとっては
リアルタイムでは見られない時間帯になってしまったので気の毒。

でも深夜でこれだけの数字を上げたのだから
予定通りの時間に放送されていたらば
結構な数字を叩き出していたのではないでしょうか。
そうなっていたら地上波のゴールデンでプロレス中継
とゆう夢の時間が得られたのかも(ღˇ◡ˇ)

ま、世の中が寝鎮まった深夜に見るプロレスも楽しいけどね(*´▽`)
ま、負け惜しみじゃないもん!


以下、先日放送されたプロレス総選挙で発表された順位です
ピンク文字の選手は現役の新日選手です



1位 アントニオ猪木
2位 ジャイアント馬場
3位 初代タイガーマスク 
*ちなみに現タイガーマスクは4代目です
4位 現IWGPヘビー級王者 オカダ・カズチカ
5位 力道山
6位 棚橋弘至、(中邑真輔)
7位 ジャンボ鶴田
8位 獣神サンダー・ライガー
9位 三沢光晴
10位 スタン・ハンセン
11位 長州力
12位 武藤敬司
13位 小橋健太
14位 天龍源一郎

15位 ケニー・オメガ
16位 橋本真也
17位 蝶野正洋
18位 ハルク・ホーガン

19位 真壁刀義
20位 アンドレ・ザ・ジャイアント



6位(中邑真輔)は、タナが自分が6位なら中邑も6位だよ、とtwitterで言っていたので。

お二人で新日の暗黒期を支えてここまで上げてきたという思いからの
タナのつぶやきだと思われます。

15位ケニーは意外だっただけに嬉しさが大きい。
超ビギナーファンの私にはケニーは今年のイッテンヨン(WK11)のイメージが強いので
それだけで底知らずの体力から華麗な技のコンビネーションの数々をを繰り広げる選手
とゆうことはわかっていましたがいろいろと試合を見てみるとそれだけじゃないのね。


意外なほどお茶目(≧∇≦)


先日のニュージャパンカップの公開記者会見後の記念撮影のときも
目の前で柴ちゃんと鈴木みのる選手がバトルをかましている後ろで
優勝トロフィーを持ってめっちゃはしゃいでいたケニー
リング上での強さとリング外でのそんな姿に人間味が表れていて
そこがまたファンの心を鷲掴みにしているんだろうなと思います。
ケニー、今年のニュージャパンカップは石井選手を前に
初戦敗退となってしまったけれども・・・


今回、昔の映像を見ていて思ったのが
昔のプロレスはスケールが大きいということ
長いプロレスの歴史の中では試合中の大きな事故などもあり
今は当時の様式通りでの試合は出来ない側面もある分、
その破天荒さが私にはそう見えたのだと思いますが
今のプロレスも十分、魅力的で面白い!よ!


アンドレ・ザ・ジャイアント選手、お名前は存じ上げてましたが
今回初めてテレビで拝見してあまりの大きさに驚きました(☉∀☉)
そしてそこに立ち向かっていく選手たち。
今、ファレ選手、エルガン選手が登場するだけで
大きいなー、こんなに大きな選手に勝てるとか考えられないよ・・・
なんて思って見てますけど両選手よりもアンドレ・ザ・ジャイアント選手の方が
格段に大きかったです。



プロレス総選挙は21位以降も見たかったなー。

柴ちゃんは多分、21位だったのでは・・・と思っているので(*´꒳`*)

20位に入った選手をひとりひとり時間をかけて紹介していたので
21位以降の選手の発表は難しかったのだと思われますが
ちゃちゃっと順位と名前だけでも見せてほしかったかな。





+++



さて、WBCの陰で展開されている新日本プロレスの
ニュージャパンカップも佳境に入ってきました!

すでにEVILバッドラック・ファレ柴田勝頼が準決勝進出を決め、
明日(3月17日)所沢の石井智宏 VS SANADAの試合で
ベスト4最後の椅子が埋まります。

SANADA応援してるけど石井ちゃんもケニーに勝ってるので強いよー!

そして3月20日の決勝戦を前に今、新日本プロレスワールドで
昨年の決勝戦が無料配信されています!


NEW JAPAN CUP2016 決勝戦 内藤哲也VS後藤洋央紀


この試合、私も今回初めてワールドで見たのですが
内藤、後藤両選手の試合が面白くない訳がない!
期待通りの闘いぶりでした((♡▽♡))!!!

それと試合とは関係ないところで私が新日選手の入場曲の中でも特別に好きな、
内藤選手STAR DUST後藤選手覇道が聴けてしまうという点でも
この試合のお得感たるや(*´꒳`*)♡



STAR DUST覇道はエンドレスで聞いていられるくらい好き

こちらの配信は4月12日までなので昨年のニュージャパンカップ決勝戦
この機会に是非見てみて下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧




テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 柴田勝頼