FC2ブログ

天使とイケメンモンスター ~新日本プロレス~

今回のエントリーは昨年11月のお話です。


イッテンヨン観戦記の途中ですが急遽別ネタを上げさせていただきます。


このエントリー、上げずにずっとそのままになっていて
いつ上げようかと思っていたら昨日(1月9日(火))、
恐れていたと、と言うか近々そうなると覚悟はしていたんだけどねー・・・
なことが発表されてしまいました・・・


新日本プロレスのヤングライオン(若手選手)・川人拓来選手の
海外遠征(武者修行)が決まったとのこと。
壮行試合が1月22日後楽園ホール大会、ファンマニシリーズで行われるってことは
メキシコのCMLLからスタートなんかな。

現在ヤングライオンは7名いて(金光くんはケガで欠場中)
20歳の川人くんは年齢こそ一番若いけれども
(翔太くん、成田くんも20歳で学年はこの2人の方が下。
川人くんは同じ20歳でも早生まれなので翔太くん、成田くんより1学年上)
1番先輩です。

昨年の10月に洋平くんと翔くんが、11月にジェイくんが海外武者修行から帰って来たので
現ヤングライオンがそろそろ出発かなと思っていたところ、
12月のヤングライオン杯で優勝した北村くんが海外遠征云々とういう話しだったので
川人くんより先に北村くんが行くのかー、と
安堵していたのですがここにきて川人くんの海外遠征が急遽決定って・・・。
遅かれ早かれ必ずヤングライオンは海外遠征に出るのはわかっているけれども
いざ推し選手が出発となるといやもう正直私は寂しいよ
昨年10月に帰って来た洋平くん、翔くんが2年弱の遠征で
一昨年11月に帰国したヒロムはトータル3年半、海外で修行してたことを考えると
20歳の川人くんは3年の修行期間は下らないかと。
川人くんがその気になれば5年行っててもいいかもしれない。
だってそれでも帰国して25歳でしょ?
ヒロムが帰って来たとき26歳だよ。
そう考えると5年行くのも全然あり。
修業期間を本人が決めるのか、新日本が決めるのかは分からないけれども・・・。

洋平くん、翔くん、ヒロムや高章くんのファンの方は
どんな思いで推しを海外へ送り出したのだろうか?
修行に出ている数年間は寂しいけど強くなって帰ってきてね

いずれにせよ川人くんの海外は決まったことなので受け入れないとだね。





先日、1月5日の後楽園ホールで鈴木軍と試合した川人くん。
執拗なまでに、もう全然フォールとれるじゃん!って状態になっても攻め込まれてて
最後はデスペさんがピンチェ・ロコで仕留めてあのときは何でここまでする?
と思ったのだけどあれ、デスペさんからの餞のピンフォールだったのかなぁ。
お前、メキシコスタートか。頑張れよ!
の意味だったのかなって。
デスペさんって川人くんに対していつもエグイ攻めするけど
twitterで毎回遠まわしに川人くんのこと評価してくれてるんだよね。
ヒロムも川人くんと対戦した時に(川人との試合)おもしれぇじゃん!って言ってくれてたし
先輩たちも温かく川人くんを送り出すだろうからファンもそうしないとだよね・・・。





+++



平成29年11月12日(日)天気


この日、水道橋にある新日本プロレスのオフィシャルショップ・闘魂ショップで
開催されたイベントに行ってきました


開始時間よりも少し早目に着けそうだったので水道橋のひとつ手前、

お茶の水で降りてそこから歩いて闘魂ショップに向かったら案の定、道間違えたよね


いやいや、線路沿いに歩いて行けばすぐ水道橋じゃん!!!


と思った方、そんな迷い様のない道を間違えるのが極度の方向音痴なのです・・・。


え、水道橋ってこんなに遠かったっけ?


そう思ったときに一気に血の気が引いて方向転換。

当人はこの日のイベントのことを考えていて脳内お花畑状態。
なので、あれ?歩けど歩けど水道橋に着かないよ?
と思ったときにはかなりの距離を間違った方向に歩いていて
少し早目に着く予定が遅刻しそうな時間に

多分、競歩世界新記録が出たんじゃないかってくらいの早歩きで(だったら走れよ
何とか闘魂ショップに到着
方向転換した道が合っててよかったー( ;∀;)

超ギリのギリギリに着きました・・・。





2017-11-12-12.jpg





すでにお店の前に集まっていたファンの方たちの中に息を切らして合流したところで

天使イケメンモンスターが登場





2017-11-12-1.jpg





(*'▽'*)キャピー



11月の闘魂ショップのイベントは、

新日本プロレス・ヤングライオン(若手選手)の


岡 倫之選手 と 川人拓来選手の撮影会でした





ヤングライオンの私推し選手2人が揃って撮影会!

はい、当然行くー!!!

ってことで、





2017-11-12.jpg





事前に整理券をもらいに行ってこの日の参加となりました


闘魂ショップのイベントに参加するのは7月の後藤洋央紀選手の撮影会以来2度目


あの時は初めてのイベント参加で勝手もわからなかったけど凄く楽しかったので

この日も期待していたのだけれども

いやもうあの、うひょー





2017-11-12-3.jpg





まずは外で岡くん、川人くんと集まったファンの方とで集合写真撮影





2017-11-12-2.jpg





プラス、

毎年1月4日に開催される新日本プロレスの年間最大興行である

WRESTLE KINGDOM 12 のPR動画の1コマ、


「みんなでプロレスイッテンヨン!」 (今年のWK12のキャッチコビー)


と言ってイッテンヨンポーズでキめる画を撮影。





2017-11-12-4.jpg




イッテンヨンポーズの練習ちう





2017-11-12-5.jpg





川人くんはデビュー2年目、20歳の選手。


現在ヤングライオンは8名いるのだけれどもその中で一番の先輩が川人くん。
(と、ケガ治療中の金光くん)


見ての通りの天使なのでただ今人気、実力共にうなぎ登りの選手です。

セコンドとして先輩たちの試合をサポートする姿もいつも全力で

ひとことで言えば川人くんには好感しかない!というファンの方も多いと思うよ!

私もそうだよ!!!!!

大好きな選手のひとりです(//∇//)





2017-11-12-6.jpg





イケメンモンスターの岡くんは26歳で今年1月にデビューした選手です。

デビュー1年目と言えども新日本入団前はレスリングで名を馳せた選手なので

そんな経歴からもヤングライオン卒業後の活躍が今から待たれます。


今年の5月、私が初めて新日本プロレスを見に行ったときに

会場で最初に見た選手が岡くんでものすごくカッコよかったんだよねー(//∇//)

ご本人は、「自分はイケメンじゃないので花もないし、飛び技が出来る訳でもないし
圧倒的で魅せられるようなな筋肉があるわけでもないので自分らしく泥臭くやって行くだけです」

最近、控えめとも受け取れるようなコメントをしていたけれども


岡くんむっちゃカッコイイから!!!!!!!!! 

私、撮影会後に岡くんに告ってきたのだけれどもそれくらい好きな選手だぞ!!!





2017-11-12-7.jpg





岡くん、どのくらい体重落としたんだろ?


ひと回りふた回り締まってオトコマエに磨きがかかったなー、と

ひたすら見惚れてた(//∇//)





2017-11-12-8.jpg





川人くんは最近 、試合時のサイン会と撮影会が結構続いているのですが

その傾向からヤングライオンが通る道、無期限海外武者修行が近いのかなー、と。

そのための、しばらく外に出るためのしばしお別れのイベントんだろうね・・・。

年明けたら海外行っちゃいそう・・・。

川人くんは若いから3年くらい行っててもいいと思うけど、んー、待ってる方は寂しいな。

岡くんも来年かな、と勝手に思っているのでこの日はお二人のイケメンっぷりを

思う存分堪能してきました





2017-11-12-9.jpg





「もう1回ですか?」





2017-11-12-10.jpg





((♡▽♡))


何年後かに岡くんがIWGPヘビー級王座、
川人くんがIWGP Jrヘビー級王座、同時期に戴冠してくれたら私は嬉しいし
その時を待っている。





2017-11-12-11.jpg





そう言えばこの時に撮った「みんなでプロレスイッテンヨン!」の動画って

イッテンヨンのプロモ動画で使われてた??? 

見てないけど私が見逃してるだけかな?



そしてこのあと、闘魂ショップ内にて撮影会か開催されました^^

前回、初めて参加した7月の後藤選手の撮影会のときよりは
ほんの少ーーーしだけ待ち時間を楽しむ余裕があったとは言え当然緊張は緊張で

岡くんも川人くんもファンの方と楽しそうにカメラに収まっている中私は必死に
ポーズ考えてた

後藤選手の時は「ポーズどうしますか?」って訊かれたときに頭が真っ白になって
シドロモドロしてたら後藤選手「じゃあ、コレでいきますか^^」って
ファイティングポーズを提案してくれて、はい!お願いします!って流れだったけど
今回は数日前から考えていて、けれどもアイデアマンじゃないので
結局名ポーズ浮かばずで当日に。

皆さんが各々のポーズで川人くん、岡くんとカメラに収まる姿を見て参考にするんじゃなくて
あー、川人くんも岡くんもかっこいいなー、ってそっちかよな私。

そんなことしてたら
あ、次私の番だ。

私の前の男性。
整理券を2枚持っていたので2枚撮影。
1枚目、普通にスリーショット。
2枚目、「岡選手、ボストンクラブかけて下さい!」
岡くん、川人くん、撮影スタッフさん、「えー、だ、大丈夫ですか?」
「大丈夫です!お願いします!」
てことでうつ伏せになるやせ形の男性。
「じゃあ、あのそんなに締めませんので。軽く・・・」と岡くん。
「じゃあぼくレフェリーやりまーす!」川人くん無邪気だわー(*´꒳`*)♡

って、ん?じゃあ私、川人くんにボストンクラブかけてもらう???

いや、川人くんならドロップキックでしょ(是非スワンダイブ式でお願いしますm(__)m)
あ、トペコンヒーロがいいかな?それとも回転式延髄?
ってどれも受けたら私起き上がれないぞ、とか思っていたら


「じゃあ次の方どうぞー!」

「はいー((♡▽♡))」


あーちょっと待ってー、後藤選手のときよりも勝手がわかっているぶん
川人くんと岡くんのことガン見出来てしまうー((♡▽♡))


「こんにちは((♡▽♡))宜しくお願いします!あの、ポーズお願いしてもいいですか?」

「はい!どんなポーズにしますか?」

「えっと川人くんと私で並んで岡くんが後ろから川人くんと私の肩に手を置いて間から顔を出すような感じでお願いします」





2017-11-12-13.jpg





キャー(//∇//)  川人くん、岡くん、ありがとうございます!!!


撮影後、スタッフさんがちゃんと撮れているか確認してくださいって言ってくださるので
レビューを見たのだけども私はすっかり舞い上がっているから
ちゃんと見ていなくてそしたらスタッフさんが
ちょっと切れちゃってますかね・・・もう1枚撮りましょうといって下さって
もう1枚撮って下さったのだけどもパソコンに落として見たら1枚目もきちんと撮れてました!

撮影後に川人くんと岡くんが握手してくれてその後、

「あの、川人くんと岡くんが大好きなのでハグして下さい」

とお願いしたところ岡くんがニコッと微笑んで

「はい!」

と言って両手を広げてお迎えしてくれましたーーーーー!!!!!

なので遠慮なく岡くんの胸に飛び込んだYO!!!

うん、プレスされるかと思うくらいの岡くんのハグ圧!!!とほっぺた!!!

ファンサということを忘れそうになったくらい(オイ!笑)昇天でした

(多分スタッフさんにオマエいつまで岡とハグしてるんだYO!と思われたのでは

川人くんもヤングライオンの中では細身だけどお弁当3個のノルマを課せられたり

食トレも頑張っている成果がハグから伝わりました(//∇//)

最後にお二人に、「ヤングライオン杯頑張って下さい!」と伝えたところ、

「ありがとうございます!頑張ります!」と言って下さって私の撮影会は終わりました。

(ちなみにヤングライオン杯は北村くんが優勝しました・・・)


川人くん、岡くん、スタッフの皆さんありがとうございました!

いや、もうあのホントに今思い返してもいつまででもニタニタしていられるくらいの
思い出の1日になりました(*˘︶˘*).。.:*♡

私、これからも川ティスト兼オカジョを名乗ってお二人のこと応援します




スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 撮影会 川人拓来

さくっとG1観戦記③ ~新日本プロレス~

G1 CLIMAX27優勝決定戦から3週間が過ぎ
新日本プロレスは9月5日から新シリーズ、
Road to DESTRUCTIONが名古屋大会からスタート

今シリーズはタイトル戦がたくさん組まれていて
すでに9月10日福島大会でNEVER無差別級、NEVER6人タッグ、
IWGPタッグ選手権
が行われ、
それぞれ鈴木みのる選手、ロスインゴ(EVIL選手、BUSHI選手、SANADA選手)、
ウォーマシン(レイモンド・ロウ選手、ハンソン選手)
が王座防衛。

次は9月16日の広島大会IWGPジュニアタッグ、IWGPタッグ、
IWGPジュニアヘビー級、
IWGPインターコンチネンタル選手権が組まれているほか、
この日は飯伏選手の参戦や六本木VICEのファイナルマッチ、
CHAOS VS ロスインゴの10人タッグマッチ
という豪華ラインナップ。

楽しみ楽しみ





+++



8月11日(金)山の日 天気 


新日本プロレス G1 CLIMAX27・第17戦 

両国国技館大会(3連戦・初日)@両国国技館




第1試合 川人拓来、岡倫之、北村克哉(ヤングライオン)

 VS 鈴木みのる、タイチ、エル・デスペラード(鈴木軍) 






2017-08-11-82.jpg






第一試合はヤングライオンと鈴木軍の対戦


川人くんはデビュー2年目。
岡くん、北村くんは今年デビューしたばかりの選手。

岡くん、北村くんの方が貫録あるけど川人くんの方が先輩。

年齢も川人くんが20歳で岡くん25歳、北村くん31歳と少し差があるけど
このタッグメンバーの中では川人くんが先輩です。





2017-08-11-83.jpg2017-08-11-84.jpg





デビュー間もないヤングライオン。
今は8名います。(内2名はケガの為、治療欠場中・・・)
新日本プロレスの将来を担う8選手の成長過程を応援できるというのも
また楽しみのひとつ(*´꒳`*)

ゆくゆくは川人くんたちが王者世代になるわけですから





2017-08-11-85.jpg





新日本プロレスの道場に併設された寮の寮長も務める川人くん。

今は食事がお弁当ならば3コは食べるというノルマが課せられているそうです。
ただ、川人くんのようなスリム体型で大食漢でもない選手は
毎日練習して、先輩のお世話係(洗濯とか)、ちゃんこ番、掃除や雑用、
試合がある日は自分の試合が終わるとセコンドについて
寮(遠征時はホテル)に戻ってからも洗濯など休む間もなく動いているので
ごはんをたくさん食べてもなかなか体に反映されないんだろうなと思う。

それでもデビュー時に比べると少ーしずつ体も大きくなってきているともっぱらの評判。

これから海外武者修行も待っているし(来年?再来年?)
どう化けていくのか見守っていきたい選手です^^





2017-08-11-86.jpg





川人くん、ベテラン選手2人とタッグ組んでるように見える(*´罒`*)

先にリングに上がったヤングライオン。
川人くんは鈴木軍の入場を一瞬も目線を外すことなく激しく睨みつけて待っていました。





2017-08-11-87.jpg





もう、闘いたくて仕方ない!

ゴングが鳴る前に相手に飛びかかっていったヤングライオンたち。





2017-08-11-88.jpg





川人くんタイチ選手

北村くんデスペ選手

岡くんみのる選手





2017-08-11-89.jpg





デスペさんカッコイイ


9月16日の広島大会でIWGPジュニアヘビー級王座への挑戦が決まってます。

今のジュニアの混戦っぷりはホント楽しいね。
王者であり、ただ今4冠(IWGPジュニアヘビー級王者、ROH TV王者、スーパージュニア優勝、WCPW優勝)
のKUSHIDA選手に手を伸ばす選手がたくさんいて話題が尽きない。
ジュニアの選手はみんなギラギラした目つきでベルトを見据えているところが魅力。
ヘビーの方はなかなかそうは行かないからね。

私はクッシーも好きだけど広島でデスペさんがタイトル戴冠するところが見たい!





2017-08-11-90.jpg





岡くんガンバレー!!!





2017-08-11-91.jpg





北村くん。

みのる選手を追い込んだところで客席に向かってアピール。





2017-08-11-92.jpg





すごい、すごい。

すごいけども・・・





2017-08-11-93.jpg





「北村ー!うしろ!うしろー!!!」 *わからない人はお父さん、お母さんにきいてみよう



このあとはご想像通りです、はい。





2017-08-11-94.jpg





出番の時をうかがい待つ川人くん。





2017-08-11-106.jpg





タッチを受けてリングインと同時にみのる選手に向かっていく川人くん。





2017-08-11-95.jpg





みのる選手へバックエルボーをお見舞いする川人くん。





2017-08-11-96.jpg





みのる選手へミサイルキックを浴びせる川人くん。

足技を得意とする川人くん。

体重がつけばこれももっと強力になるね。





2017-08-11-97.jpg





場外では北村くんVSデスペさん。





2017-08-11-98.jpg





みのる選手VS川人くん。

48歳VS20歳。

親子ほど年の離れた相手なんだからー!と思いながらもそこはお互いにプロレスラー。
手加減なんて微塵もありません。


みのる選手は試合が終わって退場するときにいつも
リングサイドで試合をサポートしているヤングライオンたちをなぎ倒してから
去っていくのだけどもそのときに、また今日も殴られる!
と恐怖におののく様子が心成しか態度に表れてしまうヤングライオンがいる一方で
川人くんはきちんと退場方向を指示しているのだそうです。
それを見てみのる選手はこれターゲット!とばかりに殴りかかる。
川人くんも毎度のことなのでその展開はわかりきっているけれども
それも川人くんのお仕事なので決して逃げないんだって。
同じ場面で腰が引けてしまうヤングライオンもいるけど川人くんは逃げない。
試合ではないからもちろんみのる選手にやり返すことも出来ないサンドバッグ状態。
ヤングライオンの中で1番の先輩としての威厳とか意地もあるだろうし、
これも修行、これでまたひとつ受けを勉強できたと
それもこれもすべて自分の将来につながることと捉えているかのような態度。
それが当たり前なのだけどもやっぱり、世界一性格の悪い男に殴りかかってこられたら怖いよ。
それでも逃げない川人くん。

そんなん見てたら応援したくなるって!



みのる選手の張り手を受けて受けて受けまくり、
悔しいかな現状、それを返せる力がない為この場面でもサンドバッグとなってしまった川人くん。





2017-08-11-99.jpg





最後はみのる選手からタッチを受けたデスペ選手がフィニッシャーであるピンチェロコを決めて、




2017-08-11-100.jpg





片膝でフォール。





2017-08-11-101.jpg





川人くん、しばらく動けなかった。

みのる選手の張り手を受けているときからフラフラだったからその時点で
誰が見ても試合は決まってたけど追い打ちを掛けてデスペさんのピンチェロコ。
3つ入った瞬間に即行でアイスバッグ持ってきてくれた翔太くんが神に見えた( ;∀;)





2017-08-11-102.jpg





タイチ選手「もう試合終わっちゃったの?オレ、パンタロン剥ぎまだなんだけど!」


佐藤健太レフェリー「そんなこと言われても終わりました!」






2017-08-11-103.jpg





タイチ選手「パンタロン剥ぎする前に試合終わった・・・」


デスペ選手「あ、まだ脱いでなかったんだ?」






2017-08-11-104.jpg





リングを下りてからもしばらく動けなかった川人くん。

林リングドクターも席を立って川人くんのもとへ。





2017-08-11-105.jpg





翔太くんと八木くんに抱えられて花道を下がる川人くん。


足もほぼ動いてなかった(´;ω;`)





2017-8-11-107.jpg





ヤングライオンは試合が終わると1試合、2試合おいて今度はセコンドとして
リングサイドにて試合のサポートに回ります。

岡くんと北村くんはこのあと着替えてリングサイドに現れたけど
川人くんは現れず(╥﹏╥)
それだけこの試合で受けたダメージが大きかった。

私が5月に試合を見に行ったときも試合のダメージが大きくて
川人くん、自分の試合後にセコンドにつくことが出来なかったんだよね。
今日は川人くんのお仕事(セコンド)姿が見られるだろうと期待していた私・・・。

次見にいくときこそは先輩たちの試合を見守る川人くんが見られますように(◞‸ლ)



翌日の両国大会2日目も第一試合で鈴木軍と闘った川人くん。

2日連続でデスペさんのピンチェロコに敗れたけれども
取り敢えず試合に出て来られていたようで安心しました^^




テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 川人拓来

私の1位は揺るがない! ~新日本プロレス~

みなさま、Nnmberプロレス総選挙の投票はお済みでしょうか? 



ん?

プロレス総選挙ってこの前テレ朝で放送してなかった?

と思われた方!

違います!そのプロレス総選挙とは別物なのです。

今年3月にテレ朝さんで放送されたプロレス総選挙は

現役、引退選手の中からこの選手が一番だ!!!

と思う名前を上げるというものだったのですが、

現役、引退選手を一緒に括ってしまったが為に賛否の嵐を巻き起こす事態に・・・

同時に、私投票してないのにいつの間にこんな企画が?

どこで誰が投票してこの順位が決まったの?
(プロレスの試合会場でテレ朝のスタッフさんが聞き取り調査して集計した順位だったらしいです)

などなどプロレスファンからの不満が噴出したものとなってしまったのですが、

Numberプロレス総選挙

現役プロレスラーの中から今現在あなたが最高だと思う選手を選んで投票して下さい!

という、プロレスファンならだれでも投票できるというコンセプトの下行われてます。


と言うことで私にも投票権が! ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ


4月から投票が始まってこれまで3回中間発表があったのですが、

1位はダントツのあの選手!!!

でもあの選手さん、テレ朝のプロレス総選挙ではおかしな話し、
発表された20位の中には入ってなかったんですよ、
2016年のプロレス界で最も神ってた選手だったのに。
これはあの選手のファンの方にとっても悔しいものだったと思われその分、
今回のNumberプロレス総選挙にファンの皆さんも想いを託していることとおもわれます。

投票締切は5月31日。


Numberプロレス総選挙最終中間発表 


実は私、まだ投票してません

1位は決まっているのですが2位、3位を誰に投票しようか迷ってて(๑-﹏-๑)

と、のん気なことを言っている時間もなくなってきたのでそろそろ投票しないと

2位は・・・ヤングライオンのあの選手にしようかな(*´꒳`*)

3位は・・・ただ今【旬】中の旬なあの選手か、海外修業中のあの選手かで悩んでる・・・


あ、もちろん!オカダ選手棚橋選手も私は大好きです

けれども投票しないのは私1人が投票しなくても
お二人にはたくさんの票が集まることがわかっているので
それだったら私はこれからのプロレス界を背負っていくであろう
期待する選手に投票しようかなと思いまして(๑•̀ㅂ•́)و✧

ちなみに今回のNumberプロレス総選挙で1位を獲得した選手は
7月発売のNumberプロレス特集号の表紙を飾るそうです

10位以内に入った選手は記事にて取り上げてもらえるそうです!

私の1位選手は現在8位。 もっと上にいてもおかしくない選手なんだよー!!!

残り期間少ないけど最後に私の投票で柴ちゃんを1位に押し上げるぞー!!!!!



*下のフォームから投票出来ますので興味がある方はどぞ(^▽^)
Numberプロレス総選挙





+++



えっと、5月29日(月)のBOSJ後楽園ホール大会に行かれる方いらっしゃいますか???


6月3日(土)のBOSJ決勝を前にリーグ戦も大詰めの5月29日ですが、

5月29日のカードがカードなんです!!!!!!


BEST OF THE SUPER Jr.24 5月29日の対戦カード


この日はBOSJの公式戦はもちろんのこと、
IWGPヘビー級王座 オカダ・カズチカ選手が6月11日の大阪城ホール大会に向け
1ヶ月振りでリングに戻って来ることも注目されていますが、
ある意味私的にはそれ以上の注目カードが第二試合に組まれてるのー*\(^o^)/*



川人拓来 リコシェ ジュース・ロビンソン

             VS

髙橋ヒロム EVIL SANADA 



はい(≧∇≦) 本体VSロスインゴの6人タッグですけれども、

本体メンバーに川人くんが入ってる!!!!!YO


すごい!スゴイ!!!

デビュー2年目の川人くんにとってこの試合が現在の新日本プロレスで
人気、実力共にナンバー1の
LOS INGOBERNABLES de JAPONとの初対戦となるわけですけれども
川人くんファンとしては、あー、ここまで上がってきたんだね(ღˇ◡ˇ)
と、そんな気持ちです。

ただ今、ヒロムIWGP Jrヘビー級王座
EVIL、SANAさま(とBUSHI選手)はNEVER6人タッグ王座に君臨する実力者。

今回はお試しカードなのだろうけれどもそれでも川人くんにとってこの試合、
リコシェ、ジュースと組めたことも含めいろんな意味で大きなチャンスなので
全力でぶつかって行ってくれることと思います!


川人くんヒロム、EVIL、SANAさまと試合するんだー(ღˇ◡ˇ)
ホントに楽しみだなー(*´꒳`*)♡


29日に後楽園ホールに行かれる方、
川人くんの応援、私の分もどうぞ宜しくお願いします!





テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 柴田勝頼 新日本プロレス 川人拓来

私のプロレス総選挙 2017☆ ~新日本プロレス~

超ビギナー新日ファンの私プロレス総選挙やっちゃいます!!!


*新日本プロレスの現役選手限定です

*私目線の個人的総選挙と言うことを念頭にゆるゆるっとご覧下さい





+++



2017 新日本プロレス 私プロレス総選挙 


1位 柴田勝頼選手
柴ちゃんの試合を見てからの今のこの現状なので
1位の順位は揺るぎません!!!


2位 オカダ・カズチカ選手 IWGPヘビ-級王座
時代を代表するプロレスラー。
今年のイッテンヨンの死闘を見たのが決定打となりました(๑•̀ㅂ•́)و✧
ケニー・オメガ戦は現時点で私のベストバウトです!


位 棚橋弘至選手
リング以外でのタナの活躍を見ていて少しずつプロレスにも興味を持つようになったので
言うたらタナは恩人です。
タナのプロレス界への貢献度は計り知れない。


4位 髙橋ヒロム選手 IWGPジュニアヘビー級王座
スピーディで鮮やかな技を次から次へと繰り出すヒロムの試合大好き
チャンピオンベルトを大切に扱う姿勢と
ふとした瞬間に見せる表情とキャラ的立ち居振る舞いの美しさに魅了されてます。



5位 SANADA選手 IWGP NEVER無差別級6人タッグ王座
SANADA選手のシングルマッチ、まだ見たことがないのですが
タッグ戦で見せる身体能力の高さにシングル戦観戦の興味をそそられます。
今熱戦中のNJCでの上位進出を心から期待していたのですが、
昨日の石井選手との対戦に敗れ4強進出ならず・・・NJC敗退となりました。
昨日の試合に勝っていたら準決勝で柴ちゃんと対戦することが決まっていたのですが
柴ちゃんは昨日の結果により準決勝で石井ちゃんと対戦する事が決まりました。
柴ちゃん VS SANADA見たかったな・・・。
それ以前に思いの外NJCのSANADA敗退ショックが大きくて立ち直れません・・・(´;ω;`)



6位以降の順位はガチ僅差(>_<)
皆さん好きなプロレスラーです。
順位はつけられないので順不同の同率6位とさせてもらいます



6位 内藤哲也選手 IWGPインターコンチネンタル王座
努力家の苦労人です。
やっと見つけた自分の居場所、漸く築けた自分のプロレス。
新しいヒール軍団を見せてくれる姿がとても眩しいです。


6位 田口隆祐選手 タグチジャパン監督
飛ぶ鳥を落とす勢いのタグチジャパン
今年のイッテンゴで結成(田口監督&棚橋選手&中西学選手)されたと同時に
ロスインゴからベルトを奪い6人タッグ王者に!
王者になってから、

「え??ベルト獲っちゃったけどユニット名どうする??」

そんな状況からスタートしたタグチジャパンが今や押しも押されぬ人気ユニットに!
因縁の相手・ロスインゴのパクリ・・・いえ、オマージュパフォーマンスも完璧!
こんなプロレスの楽しみ方もあるんだなー
そんなことも教えてもらいました。
現在は王座から陥落してしまいましたが
今後はユニットの壁を越えてメンバーを招集すると監督が断言してますので
新しい風を期待してそのあたりからも目が離せない(≧∇≦)
そんな監督が3月6日にヒロムに挑んだジュニアのタイトル戦。
負けてしまったけれども感動しました。
これ、再戦もあるかな?
そのときは是非、五・七・五でチャンピオンに挑戦表明お願いします(^▽^)


6位 後藤洋央紀選手 IWG PNEVER無差別級王座
柴ちゃんと高校の同級生で同じレスリング部に所属していた殿。
今年のイッテンヨンで柴ちゃんをNEVER王座から引き摺り下ろした選手、
と言う理由だけで実は嫌いだったのですけれども(子供じみた理由
殿のファンの方がとてもたくさんおられるので何で?と思って
きちんと試合を見てみたところで納得しました。
試合運びの上手さと使える技の豊富さ。
毎度、力のこもった良い試合をしていてその中に人の良さも滲み出ている。
過去に柴ちゃんと桑工コンビでタッグも組んでたんだね。
けど殿がCHAOSに入っちゃったから
もう桑工コンビの再結成はないのかな・・・。
小松選手、田中選手が無期限の海外武者修行に出るときに殿が、
「どんなに気をつけていても必ず現地の水には当たるんだから最初から当たりに行け」
って助言したエピソード好き。


6位 EVIL選手 IWGP NEVER無差別級6人タッグ王座
EVILもねー、最初嫌いな選手だったの。
何故なら昨年、柴ちゃんからNEVER王座を奪ったから。
このときは柴ちゃんがすぐにリベンジ表明して10日後に王座奪還したんだけど
どうにもEVILの戦法が好きになれなくてずっと苦手な選手だった。
今でこそダークネスの国王様となったEVILだけど
ヤングライオン(新日のデビュー間もない選手たちのこと)時代のEVILがめっちゃ良い子なんです・・・。
ヤングライオン時代のEVILの動画を立て続けに見てしまったら
嫌いとは言えなくなった・・・。
実はヒロムもそう。
EVILとヒロムは入団時期が近かったからヤングライオン時代は一緒に映っていることが多くて
二人が一生懸命に練習して一人前のプロレスラーになることに励む姿を見ていたら
最初からヒールだった選手なていないんだよなぁ、って。
唯一無二、自分にしか出来ない自分だけのキャラを確立して
プロレスラーとしての道を歩んで行くために選んだ姿なんだな、って。
だからこれからはひとりのプロスラーとしてEVILを応援します。

ただ、試合が終わったらダークネスメイクはすぐに落としてー!
目の下の色素沈着、本当に心配してるので(>_<)
(大きなお世話だけどBUSHI選手の黒リップも(>_<))


6位 YOSHI-HASHI選手
まだきちんとシングル戦を見たことがないのですが
先日のニュージャパンカップ公開記者会見でのSANADA戦への強い意気込みを聞いて
こんなに熱い気持ちの持ち主の選手だったのか!と思いましてそこからです。
YOSHI-HASHI選手は最初に受けた入団テストで落とされて、
2度目のテストでも落とされたもののそのときの3位合格の選手が入団を辞退したので
5位だったYOSHI-HASHI選手が繰り上げ合格に。
このときの4位がヒロムだったんだけど4位のヒロムではなく、
5位のYOSHI-HASHI選手が合格。
その理由はYOSHI-HASHI選手が過去に入団テストを受験していたから、だったそうな。
各々の入団経緯にもまた運命がありますね。


6位 ヤングライオン
デビューしたばかりの新日本プロレスの若手選手たち。
リングデビューしてから海外修業に出るまでの期間、こう呼ばれるんかな?
(デビュー前の選手は練習生と呼ばれてます)
現在は川人拓来選手、金光輝明選手、ヘナーレ選手、岡倫之選手、北村克哉選手、
5名のヤングライオンがいますが金光選手(頸椎損傷)、ヘナーレ選手(アキレス腱損傷)は
現在ケガにより欠場中です。
ヤングライオンは第一試合、第二試合に登場します。
ヤングライオン同士で対戦したり、ベテラン先輩とタッグを組んで試合させてもらったり。
前者はいわゆる前座試合と言われるようですが、でもね、
新人選手がダッシュで花道を駆け抜けてリングに上がって闘う姿は
前座なんて言うのが失礼なくらいに心打たれますよ、ほんと。
そして自分の試合が終わったらジャージに着替えてリングサイドで
以降の試合のセコンドについて試合のサポート。(兼、先輩の試合を見てお勉強)
場外乱闘になったときは観客の安全を守るために壁になり、
ときには場外戦のとっばっちりを受けたりと休む間もなく動いてます。
なので常にリングサイドにはヤングライオンがいるので

試合を見てると必ず視界にヤングライオンが入る毎度羨望の眼差しで先輩の試合のセコンドにつくヤングライオン早く一人前の選手になれるといいね、ガンバレ!応援するようになる

てことでヤングライオン、みんな応援してます(๑•̀ㅂ•́)و✧



以上、超ビギナーファンによる2017 私プロレス総選挙でした(^▽^)

来年、順位の変動あるかなー?



各選手の公式プロフィールはこちらからどぞ新日本プロレスHP 選手プロフィール




テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

tag : 新日本プロレス 柴田勝頼 髙橋ヒロム オカダ・カズチカ SANADA 川人拓来